2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2011年11月10日

野池でデカバス

野池でデカバス.jpg

先日、野池のオカッパリに行っていたマーシ山本君が、これがまたお見事なブリブリのデカバスをGETしております。

野池でジカリグ 11月.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33のジカリグ5g。岸際のカバーを撃つパターンでこのビックバスをGET。野池でのビックバス狙いではこのカバー撃ちは鉄板テクニック。ジャスターホッグ33のジカリグ、野池でのカバー撃ちでも実績十分となっております。

オカッパリでのテスト.jpg

本日そんな野池のオカッパリで、朝から夕方まで昼飯も取らず、たっぷりと釣りをしてきました。パートナーは野池マスターの萩ちゃん。
彼の野池を見切るスピードは抜群で、一緒に釣りをしていても参考になる。これは琵琶湖の釣りでも同じ。

何を基準に、どのタイミングでそのポイントや釣り方を見切るのか!!これに講釈は要らない。各アングラーによって異なり、正解、不正解は無いもの。これは実践でのみ培われると思っている。

ジャスターフィッシュ55は釣れる.JPG

そして、ある野池では、ジャスターフィッシュ55のノーシンカーを試してみたが、これがまた面白い反応があった。ある意味、45サイズよりははるかに水押しが強いが、それが良い時と悪い時があるのは当たり前。

一口に水押しと言っても、ボディーデザインまたアクションに応じた自重なるものが存在するようで、魚にアピールするパワーに繋がっているようです。色んな状況で、ルアーを引いていると、色んな物が見えてくるもの。逆を言えば、引かないと解らない事が多いですね。

今日の野池釣行でも、改めてジャスターホッグ43のポテンシャル、ジャスターフィッシュ55のパワーを再確認する事ができたと思います。
この勢いで、サンプルをより釣れるルアーにしていきたいもんです。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 21:17| Fish ON! REPORT