2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年01月13日

オカッパリで初バスGET

GETNETのルアー.JPG

今日は、朝から今春発売予定のジャスターフィッシュ55のパッケージのデザインを色々思案しておりました。ジャスターホッグ23〜43も同じですが、各サイズによって求める物が異なるので、やはり裏パッケージの解説も全て変えており、一つ一つ、きちんと手間暇かけてデザインしております。

今月中には決めたいので、延々パソコンと睨めっこしており、何気にGETNETのグルッポを見てみると、つい先ほどデカイのが釣れた写真が掲載されておりました。それがこれです。

1月の琵琶湖オカッパリで47cm.jpg

琵琶湖東岸のオカッパリで釣れた47cm。よく超えた綺麗な魚です。釣ったアングラーは河野君、彼は、少しでも時間があればオカッパリで通い続け、坊主の日も多かった。しかしめげる事なく頑張り、今日見事この魚を無事GET、今年の初バスを手中にした。

数で言えば一本。しかしこの魚の持つ意味は確実に大きい。この時期に釣ろうとおもうと、ルアー、リグ、場所、全てにおいてコンフィデンスが確立できていないと結果に結び付かないから。

この魚から、彼はより自信を持ち、なぜ釣れたかの意味を持つだろう。ただ単に釣れた魚10匹より、釣った魚1匹は確実に次に繋がるのは間違いない。

有る意味、シーズン中は事故的な釣れ方が多くなるので、その魚から得られる情報がブレる事もある。彼には、この一本が釣れた時の感動を忘れず、これからも通い続けてほしいと思う。

琵琶湖東岸オカッパリでジャスターホッグ23.jpg

そしてヒットルアーはジャスターホッグ23のダウンショット。カラーはシナモン/ブルーフレーク。もうオカッパリではマストアイテムですね。

ジャスターホッグ23のダウンショット.JPG

水中写真は、オフセットフックですが、釣れた時はマス針系を使用との事。ジャスターホッグの強みはこの水平姿勢。動かした後のステイで水平を保てるかどうか!!ここが重要です。特にマス針で頭の部分にチョン掛けした時に、水平を保てるソフトベイトは少ない故に、ジャスターホッグが活躍します。

この冬、是非試してみてください。


初バス ジャスターフィッシュのジグヘッド パープルウィニー.jpg

また1月11日、ボートで琵琶湖に出ていた植田さんも初バスを無事GET。ヒットルアーはジャスターフィッシュ45(パープルウィニー)のジグヘッド1,8g。

ジャスターフィッシュの姿勢.JPG

船長も初釣り、さらに先週末の釣りでも、毎回魚を触っているのは、ジャスターフィッシュのジグヘッド1,8gです。放置状態でも、テールが何気に揺らいでおり、またスリムでありながら、フラットボディで水を押しているので、ナチュナル&アピールを両立できております。

これから春に掛けて、ますますマストアイテムとなり、特にベイトの多いフィールドでは試してほしいところです。

しかし、新年早々、こうやってGETNETのルアー達が現場で活躍してくれるのは本当に嬉しいものです。これからも、開発&テストをきっちりやって、長く使ってもらえる実践的なルアーを作っていくので、これからもよろしくお願いします。



気になる今年のGETNETの新商品はGETNET−TVで公開中です、まだの方は是非ご覧ください。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 12:04| Fish ON! REPORT