2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年01月16日

ネイルリグの方向は

ネイルの位置.JPG

野池のオカッパリでロクマルをヒットさせたジャスターフィッシュのネイルリグ、チョン掛け仕様を公開させた頂き、先日から解りやすいように上の写真のように紹介しました。

要は、本来あるネイルホールではなく、腹のスリットから入れる事を伝えたかっただけで、、実際はこの写真のように縦向きに刺すのではなく、平行にさすのがベストです。完成形は下の写真のようになります。

ネイルリグチョン掛け仕様 ジャスターフィッシュ.jpg

これで、より低重心となりスイミング姿勢が安定します。今日は、このセットについてマーシ山本と少し話をしましたが、一番スローに引けるセッティングが重要。それが合うと、かなりの確率で超スレている、見えバスを食わせる事ができるとの事。

オカッパリでスレバス釣れる.jpg

彼はサイトも超得意なので、魚の反応を良く観察しており、野池やリザーバのオカッパリでこれを多用する理由を話してくれた。
それは、アピール力の強いシャッドテール型を使う場合、最初の1〜2投で決めないと、次は無い。閉鎖水域においては直ぐにスレるから。

12月11日 ネイルリグでデカバス.jpg

しかし、JFのようなフィッシュテールは強いアピールが持続しないので、1〜2投で失敗しても、次が有り、魚が追ってくるとの事。

私も、11月後半のロケにも関わらず、水面でバコバコ釣れたのは、ジャスターフィッシュの水面引き。この時は、他のリグでの撮影だったので、収録できませんでしたが、まさに魚が湧いてくる光景を見る事ができました。

ネイルの位置、それも挿入する向きで変わる時もあるので、色々試してみた方が良いですね〜。ジャスターフィッシュのネイルリグ、チョン様仕様、是非試してみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:51| PRODUCTS INFO