2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年02月06日

テキサスリグでの使用は

ジャスターフィッシュ55のテキサスリグ.JPG


本日は、雨模様の中ではありますが、湖上テストに出ておりました。数あるテスト項目の中の一つですが、写真のセットは結構な時間投げてました。ジャスターフィッシュ55のテキサスリグですが、ノーマルのテキサスリグよりもパーツは多いですね。

溶接リング.JPG


拡大すると、こんな感じです。ジャスターフィッシュのような形状をテキサスリグでフリーフォールさせると、糸ヨレは避けて通れません。そこで、スイベルをつけてみました。そこでかなり役に立ったのが、溶接リング付きの直リグのフック。5/0の直リグからシンカーを取り、そこにスプリットリングでスイベルを付けてみました。

4〜8mを色々なレンジで釣ってみましたが、糸よれはほとんど無かったので、効果はありました。通常なら、もっと単純にスナップスイベルを付ければよいのですが、シンカーからより離れてしまうのと、その部分にウィードやゴミが引っ掛かると嫌なので、よりシンプルにセットしてみました。

各フックサイズによって、さらにスマートなセット方法があると思うので、また時間見つけて、あれlこれ試してみます。溶接リング付のオフセットフックは他のリグにもかなり使えるので、是非試してみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:29| 杉戸船長通信