2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年02月14日

オカッパリで40UP

2月の霞水系でオカッパリ.jpg

2月13日、霞水系のオカッパリに行っていた君和田君が40UPをGET。この時期、さらに関東・霞水系では超貴重な獲物になります。

冬の霞水系オカッパリで40UP.jpg

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッドリグ。ウエイトは1/16OZでボトムから少し浮かせたレンジをスイミングさせると食ってきたとの事です。

春になれば、もうド定番となるジグヘッドですが、今年もその季節が確実に近づいてきております。

ジャスターフィッシュ45のジグヘッド.JPG

ちなみに、ジャスターフィッシュに関しては、フラットボディを採用し、後方のある2発のエアーホールで浮力を持たせ、さらに背中に丸みを持たせる事で、テールの振りを強くしました。

なので、フックセットをきちんとすれば、キビキビとしたロールアクション、さらに強く動かすと、ボディーがねじれる感じで水を掴み、シルエットの割に水押しは強くなります。

なので、春の時期にこのジャスターフィッシュのジグヘッドを使用する時は、ラインのテンションを緩めにしてスローに動かす方がデカいのが釣れます。あまり強いシェイクはお勧めできません。

ジグヘッドを真直ぐに刺す.JPG


昨日のテーマでも取り上げた背中のスリットですが、ジグヘッドリグにおいてもやはり便利。写真のようにスリットで針先を抜けば、嫌でも真っ直ぐ刺せるでしょう。

基本な事ですが、この真っ直ぐ刺すのは非常に大事なポイントです。このジャスターフィッシュに関しては、オールレンジのおいてバランスよく使用できる事がコンセプトだったので、そのバランスは非常に微妙なデザインを要し、さらに誰が使用しても、できるだけ同じ動きが出るように、最後の微妙な調整で軽くで数か月の開発期間を要した程です。



通年使えるジャスターフィッシュのジグヘッドリグ。その使い方に関しては、GETNET−TVの動画で詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 10:36| Fish ON! REPORT