2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年02月16日

ダウンショットに使用

冬の野池オカッパリで釣れるジャスターホッグ33.jpg

写真は、昨日マーシ山本が野池のオカッパリでGETしたバス、ヒットルアーはジャスターホッグ33のソリッドピンクでした。そしてこの口の中をよ〜く見てみると、フックは何でしょうか!!

ジャスターホッグ33にあうフック.JPG

その正体はツイストロック・フィネス・スタイルです。これらの縦アイのフックをダウンショットで使用する場合、アイからシンカーに結ぶ下糸は別に結ぶ必要が有り、作業的に少し面倒です。

ジャスターホッグ23のダウンショット.JPG

しかし、このこのツイストロック・フィネス・スタイルを使用する事で、フックは上向きに固定されるようになり、ワームのステイ姿勢はかなり安定します。特にジャスターホッグとの相性は良く、水平姿勢の維持に関しては抜群で、ピンスポットで食わすにはかなりアドバンテージが有ります。

また少々荒くキャストしても、ワームがズレないのも重宝します。

ジャスターホッグのダウンショット で使用するフック (1).JPG

オールシーズン、野池やリザーバー等のオカッパリで安定して釣れるジャスターホッグ33にセットする場合、サイズ的には#1がベスト。少し大きなフックをが好きな場合は1/0となります。

ジャスターホッグ33のフックセット.JPG

ジャスターホッグをデザインする時に自分が考えたのが、フックポイントを隠す突起物でした。背中にもスリットが有り、そこにフックが丁度入るようになっており、さらにフックポイントの部分に関しては、スリットを無くし、皮一枚させるようにデザインした訳です。

しかし、使用している間に皮一枚は破れます。それでもできるだけトロロ藻やゴミを拾いにくくする為に、その上部にも突起物を装着。さらにこのポイント部分は特に重要なので、突起物の間隔を狭くした訳です。

なので、サイズ#1なら写真のように、収まりはきれいになります。

ツイストロックフィネス.JPG

写真を見て貰えればお解りのとおり、凸凹のあるボディー部分と、その後方での差でフックがしっかり収まっております。スリット一つを取っても、有り無し、またその幅、そして深さなど、検証する項目は結構あります。

このスリット一つに関しても、自分で考え、テストしていった訳で、やはり時間はかかりました。非常に目立たない箇所では有りますが、次使用する時が有れば、何気に気に止めて貰えればと思います。



ただ今、GETNET−TVでは今年の新商品となるジャスターフィッシュ55の水中映像を公開中です。是非ご覧ください。







posted by GETNET BLOG&NEWS at 10:56| PRODUCTS INFO