2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年04月13日

オカッパリ絶好調、ロクマルもGET

オカッパリで60,5cm.jpg

本日4月13日、琵琶湖東岸のオカッパリに行っていた萩野君がロクマルをGETしております。釣った直後に本人から電話がありましたが、かなり興奮。普段野池のオカッパリでデカいのを釣っていても、やはりロクマルは格別みたいです。萩ちゃん、やったね。おめでとうございます。

琵琶湖オカッパリでロクマル.jpg

ウエイトも軽く3キローオーバー。

オカッパリでロクマル ヒットルアー.jpg

そして気になるそのヒットルアーはジャスターフィッシュ45、カラーはコアユ。

琵琶湖オカッパリでロクマルのヒットルアー.jpg

リグはテキサスリグでシンカーのウエイトは11g。エリアにはコアユが入っており、それを捕食してるパターンで、まさにマッチザベイト。できるだけ広く探りたいとの事で、11gのシンカーをセットして大遠投。後はズル引きしていると、ゴンと入ったとの事です。

当分は、このアユパターンも続くので、ジャスターフィッシュ45〜55はかなり戦力になるでしょうね。

野池オカッパリで40UP.jpg

そして琵琶湖に限らず、野池もよく釣れております。本日、野池のオカッパリに行っていた鷹野さん、相変わらず釣ってますね〜!!写真の魚は43cm

野池オカッパリで43cm.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ5g。葦際でしつこく誘っていると、バイトしてきたとの事。

野池オカッパリで直リグ5g.jpg

さらにサイズUPも追加。

野池オカッパリで47cm.jpg

ヒットルアーは同じく、ジャスターホッグ33の直リグ5g。

野池オカッパリで釣れるジャスターホッグ33.jpg

野池のオカッパリでこのサイズが連発するのは、まさに春到来です。野池でサイズを狙うには今がチャンスです。

東幡野池で49cm.JPG

また昨日12日、新婚旅行から帰ってきたゴータ君が東幡野池に出撃。前半はかなり苦戦したものの、後半にはきちんとまとめております。
少ない釣行日数にも関わらず、最後にはきちんとアジャストする能力はさすがです。

東幡野池で釣れるルアー 4月12日.JPG

そんなゴータ君が最後にアジャストしたヒットルアーはジャスターフィッシュのラバージグでした。詳しい様子は彼のブログで紹介されているので是非見てくださいね。

少し遅れていた春ですが、ここ数日の暖かさで一気に魚が動き始めました。どこのフィールドもチャンス大有りなので、是非そのチャンスをものにして貰えればと思います。



そしてただ今、GETNET−TV No15を公開しており、野池でのデカバス狙いを紹介中。まさに今から役に立つ内容となっているので、まだの方は是非観て貰えればと思います。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 18:22| Fish ON! REPORT

2012年04月12日

ついに春の爆釣突入か!!

琵琶湖オカッパリ釣れる 4月12日.JPG

4月12日、朝から春の陽気となった琵琶湖。昨日の雨の影響はどうなっているのか!!まずはこの方、長谷川さんはいつもの水路のオカッパリからチェック。すると、ブリブリの40UPをGET。

水路で50UP釣れる.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ。カラーはザリガニでした。濁りの入った時には、このブラック、レッドフレークは確かに釣れるカラーですね。

水路でオカッパリ.jpg

さらに、53cmもGET。ヒットルアーは先程と同じ。水路系でのカバー、シーズン突入です。

琵琶湖の水路で釣れる.jpg

そうなると、この方も黙ってはいません。ここ最近、やっとカメラマンから釣り人に戻った高橋会長。2日前にはジャスターホッグ43のヘビテキで50UPをGETし勢いづいたのか!!、今日はジャスターホッグ23のダウンショットで45cmをGET。

ちなみに、これからの時期、カバーも熱くなりますが、このジャスターホッグ23のダウンショットの釣りも実はサイズが狙える。この釣り方は、高橋会長の必殺技で、またの機会に紹介したいと思います。それぐらい釣れますから!!

ジグヘッドで50UP.JPG

そして、本日の船長琵琶湖ガイドは、オーナーばりの開発担当者と湖上テストに出ておりました。色々なサンプルをテストしながらも、タイミングをみてジャスターフィッシュ45のジグヘッドを投入すると、50UPをGET。

琵琶湖で釣れるジグヘッド (1).JPG

スウィングヘッド1/16にジャスターフィッシュ45。カラーはブルーギル。ウィードにから外して少しステイさせていると、重たくなったとの事。
春のド定番でもジグヘッドリグ。今まさにベイトが入っているので、ジャスターフィッシュがベストマッチです。

琵琶湖でジグヘッド4月.JPG

そして船長も、40後半クラスは数本GET。バイトはかなり多かったです。写真の魚もジャスターフィッシュで釣れましたが、45ではなく55です。

ジャスターフィッシュ55のジグヘッド.JPG

かなり濁っているエリアだったので、アピールする方が良いだろうと、1/16ozのジグヘッドに55をセットすると、あっさり釣れました。これからのサイズ狙いには、55のジグヘッドは丁度良いでしょうね。

野池で釣れるデカバス ジャスターフィッシュ55.jpg

ラストは、野池マスターの萩ちゃん。やはりしっかりデカいのを釣っております。野池のオカッパリで49cm。ヒットルアーは数日前にもデカいのをGETしたセットです。

ジャスターフィッシュ55にビースト.jpg

ジャスターフィッシュ55のビースト4/0のセット。岬状になったスポットにフルキャストして、一旦ボトムを取り、軽くシェイクしながらホップさせ、またフォール。数回目のフォールでガツンと食ってきたとの事。

このセット、よく飛び、そして引っ掛からず、さらにしっかりアピールできる為か、釣れればかなりデカいサイズばかり。まさに今の時期、野池のオカッパリからサイズを狙うには、かなり有効なセットになっております。

ビースト.JPG

このジャスターフィッシュ55、来週には工場から上がってくる予定なので、再来週には発売できそうです。もうしばらくお待ちください。



そしてただ今、GETNET−TV No15を公開しており、野池でのデカバス狙いを紹介中。まさに今から役に立つ内容となっているので、まだの方は是非観て貰えればと思います。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 20:12| Fish ON! REPORT

2012年04月11日

湖上ミーティング

ルアーのテスト.jpg

船長ブログにも掲載した写真ですが、今日は朝から湖上ミーティングという事で、あれこれと仕事をしておりました。午後からは雨も強くなりテストとしてはかなり過酷だったかもしれません。

檜原湖で50UP.jpg

さてそのお相手ですが、GETNETのテスターをして頂いている溝井さん。普段は福島県の檜原湖でレンタルボート店のスタッフをしておられ、まさに檜原の番人です。

檜原湖は皆さんもご存じのとおりスモールで有名ですが、そんな中でも彼は50UPのラージを仕留めるパターンを確立しております。

GETNETのテスター.JPG

そんな彼にとって初の琵琶湖となりましたが、期待していた雨パワーも殆どありません。そんな中でサンプルのテストや実践を交えながらの情報交換など、かなり有意義な時間でした。

GETNETのワーム.jpg

バイトはかなり小さく、なぜか魚の活性は今一つ。

溝井君.JPG

今日は琵琶湖の船長と檜原湖の番人とのミーティング。今やっているジャック、さらに今後のGETNETについても意見交換する事ができました。溝井君もフィールドワークを超大事にしている現場主義アングラー。故にこういった意見交換の場はお互いとても貴重な時間となります。

これからのGETNET、ますますパワーUPします。



そしてただ今、GETNET−TVを公開中。今からの釣りにも十分役に立つと思うので、是非観て頂ければと思います。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:16| 杉戸船長通信

2012年04月10日

水路からボートまでバイト続出

水路で50UP釣れる テキサスリグ 4月10日.jpg

朝から暖かく、やっと春らしいお天気となった本日、4月10日。朝から水路のオカッパリに出掛けた会長が50UPをGETしております。
ヒットルアーはジャスターホッグ43直リグ7gのセット。カラーは琵琶湖ギルとの事です。

水路でテキサスリグ釣れる 4月10日.jpg

さらにジャスターホッグ43のヘビテキでも40UPをGET。いよいよ水路のカバーでの釣りが本格化するのか、これからが楽しみです。

水路でブレードジグ釣れる 4月10日.jpg

さらに、同じく水路系でショータ君がジャスターフィッシュ45(スカッパノン)&ブレードジグで48cmをGET。カバーでも釣れる、オープンウォータでも釣れている。今日の天気で一気に水温が上昇し、魚が動いている感じですね。近日中にさらにデカいのが釣れる予感。時間があれば水路系は常にチェックエリアになるでしょう。

ブレードジグに付けるワームはジャスターフィッシュ.JPG

そして、同日ゲストさんと湖上に出ていた船長琵琶湖ガイドでもフィッシュのブレードジグが好調。今日の為に昨日購入したブレードジグが早速役に立つ事ができました。(なお本日の船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は船長日記で公開中ですので、是非ご覧ください。)

巻いて釣れる ブレードジグ.JPG

釣れれば、40後半クラスばかり。少し濁りが入っているエリアで2〜3m前後でバイトが集中しました。

ブレードジグに付けるワーム.JPG

お勧めカラーはコアユが沢山入っているので、コアユカラーはやはり無難。少し濁りの強いエリアではスカッパノンも釣れております。
テールが絶妙な動きをしているので、ブレードジグとの愛称は抜群。水路から野池のオカッパリ、そして琵琶湖のボートまで、とても使いやすいので、是非この春、試してみてください。

 

そして本日、GETNET−TVを公開させて頂きました。今からの釣りにも十分役に立つと思うので、是非観て頂ければと思います。





posted by GETNET BLOG&NEWS at 21:20| Fish ON! REPORT

GETNET−TV No15公開

ジャスターフィッシュのネコリグ.JPG

数日前に掲載した写真ですが、その時のコメントでは、後日に詳しく説明しますと書きました。

                            

そして本日、その説明の全てとしてGETNET−TVを公開させて頂きます。今からの釣りにも十分役に立つと思うので、是非観て頂ければと思います。








posted by GETNET BLOG&NEWS at 05:55| GETNET MOVIES