2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年04月05日

ライトテキサスにも!!

春に釣れるライトテキサスリグ.JPG

これからの季節、どちらかと言うと巻物やジグヘッドのミドストなど、浮き気味の魚を釣っていくイメージが強くなりますが、スポンにより近づき、スポットが絞れてくると、ボトムの釣りでデカいのが狙いやすくなってきます。

琵琶湖でのボートスタイルなら、ジグヘッドが強いですが、フィールド選ばず一般的なのが、ライトテキサスリグ。カバーの中を釣らないのであればあえてシンカー止めを付けずに使用します。

写真は、ジャスターフィッシュ55のライトテキサス、シンカーは3,5gです。

ライトテキサスリグ.JPG

以前にも紹介しましたが、ジャスターフィッシュのテキサスリグでは、フォール時のイレギュラーな動きや、着底直後のロールやダートなど、ジャスターホッグには無いアクションが有り、リアクションバイトを取れる確立が多くなります。

しかし、そのイレギュラーな動きゆえ、少し深いエリアになると、フォール時に回転しやすくなり、ラインがヨレる原因となります。そこで写真のようにシンカーとフックの間にスイベルを入れておくだけで、殆どヨレは無くなりました。

ちなみに、フックは直リグフックの5/0を使用。この溶接リングが有ると、リングを付けるのもかなり便利ですので、是非お試しください。

ジャスターフィッシュ55のカラーラインナップ.JPG

そして、発売が遅れております、ジャスターフィッシュ55ですが、何とか4月中旬には発売できるように進めていますので、もうしばらくお待ちください。

発売になればすぐに使用できるようにどんなリグで使用するのか、どのカラーを使うのか、頭の中でイメージしておいて貰えればと思います。

                               

そんなジャスターフィッシュ55のテキサスリグの水中映像は、GETNET−TVで観ることができるので、まだご覧になっていない方は是非観て頂ければと思います。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:16| PRODUCTS INFO