2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年04月12日

ついに春の爆釣突入か!!

琵琶湖オカッパリ釣れる 4月12日.JPG

4月12日、朝から春の陽気となった琵琶湖。昨日の雨の影響はどうなっているのか!!まずはこの方、長谷川さんはいつもの水路のオカッパリからチェック。すると、ブリブリの40UPをGET。

水路で50UP釣れる.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ。カラーはザリガニでした。濁りの入った時には、このブラック、レッドフレークは確かに釣れるカラーですね。

水路でオカッパリ.jpg

さらに、53cmもGET。ヒットルアーは先程と同じ。水路系でのカバー、シーズン突入です。

琵琶湖の水路で釣れる.jpg

そうなると、この方も黙ってはいません。ここ最近、やっとカメラマンから釣り人に戻った高橋会長。2日前にはジャスターホッグ43のヘビテキで50UPをGETし勢いづいたのか!!、今日はジャスターホッグ23のダウンショットで45cmをGET。

ちなみに、これからの時期、カバーも熱くなりますが、このジャスターホッグ23のダウンショットの釣りも実はサイズが狙える。この釣り方は、高橋会長の必殺技で、またの機会に紹介したいと思います。それぐらい釣れますから!!

ジグヘッドで50UP.JPG

そして、本日の船長琵琶湖ガイドは、オーナーばりの開発担当者と湖上テストに出ておりました。色々なサンプルをテストしながらも、タイミングをみてジャスターフィッシュ45のジグヘッドを投入すると、50UPをGET。

琵琶湖で釣れるジグヘッド (1).JPG

スウィングヘッド1/16にジャスターフィッシュ45。カラーはブルーギル。ウィードにから外して少しステイさせていると、重たくなったとの事。
春のド定番でもジグヘッドリグ。今まさにベイトが入っているので、ジャスターフィッシュがベストマッチです。

琵琶湖でジグヘッド4月.JPG

そして船長も、40後半クラスは数本GET。バイトはかなり多かったです。写真の魚もジャスターフィッシュで釣れましたが、45ではなく55です。

ジャスターフィッシュ55のジグヘッド.JPG

かなり濁っているエリアだったので、アピールする方が良いだろうと、1/16ozのジグヘッドに55をセットすると、あっさり釣れました。これからのサイズ狙いには、55のジグヘッドは丁度良いでしょうね。

野池で釣れるデカバス ジャスターフィッシュ55.jpg

ラストは、野池マスターの萩ちゃん。やはりしっかりデカいのを釣っております。野池のオカッパリで49cm。ヒットルアーは数日前にもデカいのをGETしたセットです。

ジャスターフィッシュ55にビースト.jpg

ジャスターフィッシュ55のビースト4/0のセット。岬状になったスポットにフルキャストして、一旦ボトムを取り、軽くシェイクしながらホップさせ、またフォール。数回目のフォールでガツンと食ってきたとの事。

このセット、よく飛び、そして引っ掛からず、さらにしっかりアピールできる為か、釣れればかなりデカいサイズばかり。まさに今の時期、野池のオカッパリからサイズを狙うには、かなり有効なセットになっております。

ビースト.JPG

このジャスターフィッシュ55、来週には工場から上がってくる予定なので、再来週には発売できそうです。もうしばらくお待ちください。



そしてただ今、GETNET−TV No15を公開しており、野池でのデカバス狙いを紹介中。まさに今から役に立つ内容となっているので、まだの方は是非観て貰えればと思います。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 20:12| Fish ON! REPORT