2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年04月26日

ジャスホ43のテキサス

琵琶湖でテキサスリグ 4月26日.JPG

4月26日、ゲストさんと湖上に出ていた船長琵琶湖ガイドですが、ジャスターホッグえ43のテキサスリグが大活躍。決して簡単では無かった琵琶湖ですが、釣れれば45〜48クラスが多く、テキサス特有のフッキングを楽しんでもらう事ができました。

テキサスリグにセットするワーム.JPG

今日はローライトかつ少し濁り気味のエリアを狙っていたので、カラーはレッドブルーにバイトが集中。基本、ボトムのズル引き&ステイで食ってきました。

ジャスターホッグ43 レッドブル.JPG

これから来月にかけて、まだまだ釣れるテキサスリグ。ジャスターホッグ43を使用すると、比較的サイズが狙いやすくなるので、お勧めのセットとなります。

エックスプライド.JPG

タイミングみて、ジャスターフィッシュ55のジグヘッドも投入。最近では55が普通のサイズに見える程、いろんなサイズが食ってくるようになりました。

なお、船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は船長日記で公開されておりますので、ぜひご覧ください。

オカッパリで釣れる直リグ4月26日.jpg

そして26日同日、東岸水路に行っていた鷹野さんが50UPをGET。

直リグにセットするワーム 4月26日.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33のピンクカラー、シンカーのウエイトは1oz。このウエイトを見れば、カバーである事が解りますね〜!!

水路で43cm 4月26日.jpg

さらに43cmも追加。こちらも同じピンクの直リグとの事。カバーの中に、かなりの魚が入っているようです。これから水温が上がれば、さらにチャンスは増えるでしょう。この連休中、狙うタイミングとしては、悪くありません。カバーの中にジャスターホッグの直リグを狙ってみてください。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:23| Fish ON! REPORT

東岸水路、好調続く

東岸オカッパリで50UP 4月25日.jpg

4月25日 琵琶湖東岸水路にオカッパリに行っていた鷹野さんが50cmをGET。

ジャスターホッグのピンク釣れる.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33(ピンク)の直リグ7g。このカラーはサイトでもOKですが、今の時期の濁りの中でも効くカラー。その効果が出ている感じです。

東岸水路で47cm 4月25日.jpg

その他にも47cmもGET。

琵琶湖のオカッパリ 42cm.jpg

さらに42cmも追加。ヒットルアーは全て同じとの事です。ジャスターホッグ33と直リグ、まさにフィールド選ばず、。黄金セットである事は間違いありません。

琵琶湖オカッパリで50UP 4月25日.jpg

そして、同日、鷹野さんが、ボトムの魚を狙っているとすれば、ショータ君は浮いている魚を狙い、51cmをGET。ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド。フィッシュのジグヘッドによるロールアクションは、かなり集魚能力があるので、少し濁ったエリアでも、釣れるので、

このように水路でもデカいのが釣れております。こちらもまさにライトな黄金セットです。

船長琵琶湖ガイドで50UP 4月25日.JPG

最後に、同日船長琵琶湖ガイドに出ていましたが、50UPをGET。

ジグヘッドで釣れる ジャスターフィッシュ55 4月25日.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ55のジグヘッド1,8g。

琵琶湖ガイドでJF55 4月25日.JPG

ゲストさんも、JF55で45クラスをGET。

ジャスターフィッシュで4月25日.JPG

釣れれば、かなりの確率でデカイのが良いです。

ジャスターフィッシュのNEWカラー.jpg


ジャスターフィッシュ55のジグヘッド1,8g。このサイズでのジグヘッドリグ、何とも言えない艶めかしい動きとなり、かなりの高確率でデカいのが釣れております。発売になれば、是非試してみてください。



先日、GETNET−TV No16が公開されました。まさに先週の琵琶湖ロケでの内容なので、丁度これからの時期の釣りに役に立つと思うので、是非見てくださいね。

カラバリ_イエロープリント.jpg


2012年モデル、GETNET−Tシャツに関してはこちらのページをご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 05:43| Fish ON! REPORT