2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年05月31日

オカッパリでボコ釣れセッティング

オカッパリでスモラバ.jpg

5月30日、リバーのオカッパリに出撃していたマーシ山本が前回同様、炸裂状態。

スモラバにはジャスターホッグ23.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ23のスモラバ。中層でのスイミングで食ってきたとの事。もうこのセットは数は、もちろんですが、サイズも狙えるので、オカッパリでのマストアイテムとなっております。

ダウンショットでデカバス.jpg

さらに本当のパターンはここからで、これも45UP。

ダウンショットに付けるワーム .jpg

ジャスターホッグ23のダウンショット。琵琶湖ではもちろんですが、野池やリザーバーのオカッパリでも、やはりデカイのが釣れております。

リザーバ^のオカッパリ5月30日.jpg

そして50UPも追加。

ダウンショットにはジャスターホッグ.jpg

このジャスターホッグ23のダウンショットですが、琵琶湖では会長セットでデカイのが釣れておりますが、野池やリザーバーでのオカッパリをマイ・フィールドとするマーシ山本にも彼なりのセッティングが有ります。

ほんの少しのセッティングの違いで、結果が大きく変わる時もあります。

彼のブログ・マサシの一釣一鍛でそのセッティングの事が書かれているので、是非参考にしてみてください。

GETNET CUP.jpg


この週末、6月3日(日) GETNET CUPを亀山ダムで開催します。ジャンケン大会では琵琶湖と小貝川での無料ガイド券をプレゼント、其の他にも各メーカー様やショップ様から多大な協賛を頂いておりますので、抽選大会も盛り上がりそうです。

直前までエントリー可能となっておりますので、是非遊びに来て貰えればと思います。

エントリー&大会の詳細はこちらまで。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 10:52| PRODUCTS INFO

2012年05月30日

東幡野池&琵琶湖東岸オカッパリ

琵琶湖オカッパリで50UPが釣れる 5月29日.JPG

一足早くスポンに入った琵琶湖東岸水路系の釣りが一段落すると、東岸オカッパリもエリアがさらに拡大してきますが、5月29日、次なるスポットを探していた長谷川親子が当ててきました。

まずはショータ君が50UPをGET。

オカッパリで釣れるチョン様.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のチョン掛け仕様。ネイルシンカーは0,5g前後。スローに泳がしては、フォールの繰り返し。さらに下のレンジをスイム、またはロールアクションを強くしたいなら、ネイルシンカーで調整できるので、魚の反応を見ながら色々やっていけば良いでしょう。

東岸オカッパリからブレードジグ 5月29日.jpg

さらにタイミングで、ジャスターフィッシュのブレードジグ仕様で45UPをGET。オカッパリからでも意外に飛び、根掛かりが少ないので、巻くパターンには定番になりつつあるセットです。

オカッパリでダウンショット.jpg

お父さんも負けじと45UPをGET。ジャスターホッグ33のダウンショット。今年は少しライトリグの域に踏み込まれたみたいですね〜!!まだスピニングが似合わない感じです。

東幡野池で釣れる、ハンツ7g40後半.JPG

そして、同日、29日。東幡野池に出撃していたゴータ君ですが、かなり良い釣りができたようです。釣れる魚のサイズが大きいですね〜!!
この魚も40後半クラス。

東幡オカッパリでハンツ+ジャスターホッグ33.JPG

ヒットルアーはOSPハンツ7g&ジャスターホッグ33のセット。

東幡野池で釣れる、ゼロワン11g+ジャスターホッグ33.JPG

さらに。OSPゼロワンジグ11g&ジャスターホッグ33のセットでも40後半をGET。ともにカバーでの釣りでバイトが多発したとの事です。

東幡野池も回復系の魚が多くなっており、表層系も面白くなっております。またカバーの中でも魚が浮き気味のようなので、ジャスターホッグをトレーラーにする事によって、フォールスピードを抑えつつ、さらにボトムでも斜め立ちをするので、バイトに持ち込むチャンスが増えます。

これから野池オカッパリに行かれる方は、カバーの釣りは必須となるので、ジャスターホッグをご用意ください。

GETNETのセミナー6月9日.jpg


6月9日(土)にはキャステイング稲田堤店にてセミナーを開催させて頂きますが、来店して頂いた方にサプライズを提供できるよう、ある調整を試みているので、是非参加して頂きたいと思います。

今のところ、ギリギリにならないと解らない微妙な状況ですが、おそらくお得感いっぱいのイベントになると思います。期待しておいてくださいね。

                                 

ただ今、GETNET−TVでは今も激熱に釣れている小貝川のシャロー攻略を公開中です。是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 10:52| Fish ON! REPORT

2012年05月29日

フィッシュ祭り開始

檜原湖で釣れる 5月28日.jpg

5月28日(月)、檜原湖の住人・ゾイミーからフィッシュ祭りがついに本格化しているとの連絡が有りました。写真の魚はジャスターフィッシュ45のジグヘッド1/32oz。

5月の檜原湖.jpg

檜原湖はこれからいよいよスポンが本格化するようで、ステージングエリアにデカスモールが集まってきているようです。ディープに隣接するシャローエリアをジャスターフィッシュのミドストをすると、好反応。

檜原湖でネイルリグ.jpg

さらに興味深いのは、ジャスターフィッシュ55のネイルリグを泳がすと、どこからとなく下からデカスモールのチェイスが頻繁に有り、これにはゾイミーもびっくりしたようです。

檜原湖で釣れるワーム.jpg

檜原湖では少し大きいサイズのジャスターフィッシュ55ですが、プリのデカスモールを狙うなら、全然OK。ソフトなスイムベイトとして使って貰えればよいでしょう。

5月28日小貝川 002.jpg

そして、同日、小貝川のプロガイド・野村君も安定してナイスサイズをGETしております。

小貝川で釣れる5月28日.jpg

ヒットルアーは黄金コンビ強し。ジャスターホッグ33の直リグ7g、カラーはスカッパノンです。

ボトムを狙う場合においては、ジャスターホッグとフィッシュで全然異なる反応が有るので、是非使い分けをして貰いたいですね。

スモークシャイナー ジャスターフィッシュ55のカラー.JPG


ボトムに着底後のダート、要はベイトがよくするヒラ打ちに激反応するので、その動きはやはりホッグよりもフィッシュに分が有ります。

ジカリグの水中.JPG

またより波動の強いアクションや、ステイで誘う、さらに上下の動きに反応が良い時はジャスターホッグが圧倒的となります。

まずはその時の条件で試してみて、反応の良し悪しでセレクトしていけば良いでしょう。

GETNETのセミナー6月9日.jpg


さあ〜この週末から関東イベントが続きますが、6月9日(土)にはキャステイング稲田堤店にてセミナーを開催させて頂きますが、来店して頂いた方にサプライズを提供できるよう、ある調整を試みているので、是非参加して頂きたいと思います。

今のところ、ギリギリにならないと解らない微妙な状況ですが、おそらくお得感いっぱいのイベントになると思います。期待しておいてくださいね。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 12:56| Fish ON! REPORT

2012年05月28日

月曜日も釣れてます!!

リザーバーで釣れるジグヘッド .jpg

5月28日(月) 最近絶好調となっている例のパターンを試すべく、本日もリザーバーのオカッパリに出撃したマーシ山本ですが、やはり釣ってますね〜!!一本目から47cmをGET。

ジグヘッドにはジャスターフィッシュ45.jpg

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド1/16。しかも、反射板を入れたカスタムモデルです。

釣れるジグヘッド.jpg

さらに45cmもGET。デカイのばかり反応します。

リザーバーでのオカッパリ.jpg

さらに、さらに50UPもGET。

オカッパリで50UP釣れる5月28日.jpg

このパターンを発見してから、釣れる魚が一段とデカくなった様子。

オカッパリでジグヘッド5月28日.jpg

そんなリザーバーでのオカッパリで50UPを捕獲するルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド1/16OZ。カラーはコアユでした。

この釣れ釣れパターンとは、小さな薄いゴミ溜まりの中を釣るものですが、ここであえてジャスターフィッシュ45のジグヘッドを使うのか!!

マーシ山本に話を聞くと、ラバージグなどを入れても釣れない魚らしく、それは試したとの事。魚の吸い込みが弱く、バイトの出方もかなり弱い。そこでフッキングに持ち込む為にはオープンフックが必要。

さらに薄いゴミ溜まりをほぐしながら、中に入れ、移動距離を抑えながら、微妙なロールアクションが最高に効くらしく、その答えがジャスターフィッシュ45のジグヘッドとの事です。

これは他のフィールドでも使えそうなパターンなので是非試してみてください。

琵琶湖東岸オカッパリ5月28日.jpg

さらに本日、琵琶湖東岸アイランドにオカッパリに行っていた高橋会長が46cmをGETしております。

オカッパリからラバージグ5月28日.JPG

ヒットルアーは久米ジグ5g&ジャスターホッグ23のコンビ。

オカッパリから釣れるラバージグ 5月28日.JPG

このコンビもオカッパリからサイズを狙うには、丁度良いボリュームで実績が有ります。

ヘビダンでデカバス5月27日.JPG

そして、5月27日(日)の船長琵琶湖プロガイドでは56cmの3100gを捕獲。

ヘビダンで釣れるワーム 5月28日.JPG

ヒットルアーは、これも最近頼り切っているジャスターフィッシュ45のヘビダン。とりあえず釣れます。

琵琶湖でヘビダン釣れる5月27日.JPG

ゲストさんも、JF45のヘビダンでGET。

琵琶湖プロガイドで釣れる.JPG

今年はベイトが多いので、ジャスターフィッシュが強い感じです。

なお、船長琵琶湖プロガイドの詳しい模様は船長日記で公開中ですので、是非ご覧ください。

今日は朝から良いお天気で、水温も上昇傾向にあります。それに伴いウィードも成長しているので、釣り方にも変化が出てくるでしょう。
来月に入れば、JF55の表層引きも面白くなってくるので楽しみです。



ただ今、GETNET−TVでは野村君が爆釣している小貝川でのシャロー攻略を動画で公開しております。まだまだこれからの時期、通用するテクニックですので、是非参考にして貰えればと思います。

GETNETのHP.JPG

5月にオープンしたばかりのGETNETのHPでは各ソフトベイトの特徴やカラーラインナップを各サイズ毎に紹介、また来月に開催されるイベント等についても紹介してるので是非参考にして貰えればと思います。

6月3日(日) GETNET−CUP IN 亀山ダム ただ今、参加受付中ですので、エントリーお待ちしております。




 
posted by GETNET BLOG&NEWS at 17:43| Fish ON! REPORT

2012年05月27日

直リグ&ネコリグ

霞ヶ浦で釣れた 5月24日.JPG

5月24日 霞水系にボートで出撃していた佐藤さんがナイスサイズを含む5本をGET。

霞ヶ浦で釣れるリグ.jpg


そしてそのメインとなったヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g、まさに黄金コンビですが、それ以外に好反応だったのが、ジャスターホッグ33のネコリグ。

霞ヶ浦で釣れるルアー5月24日.jpg

フックはカルティバ・脇刺、ネイルシンカーは2,2gをセット。ジャスターホッグ自身に浮力があるので、ボトムで寝る事がなく、根掛かりが少なく使いやすかったとの事です。これならオカッパリでも十分使えそうです。

霞ヶ浦で釣れるリグ、直リグ.jpg

次に5月25日 利根川水系にボートで出撃していた君和田君も40UPを連発させております。

霞ヶ浦で釣れる直リグ.jpg

コンディション抜群の魚、ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ、黄金コンビ。

霞で直リグ釣れる.jpg

カラーは濁りが強いので、やはりスカッパノンが定番。

霞で直リグ&ジャスターホッグ.jpg


バイトは多かったみたい。

直リグにはジャスターホッグ33.jpg


この日の状況に関しては、君和田君から下記のようにレポートがあったので、掲載させて頂きます。是非、参考にしてみてください。

特に昨日聞いたパターンの一つは、曇り空のローライトコンディションや時折小雨が混じる状況だったので、葦際やブッシュに入れてもそこではバイトは出ないので、そこから少し離れた所まで、直リグをゆっくりズルびいて食わせるパターンでした。

回復組で少しボトムから浮いているバスがターゲットですが、ここのエリアは水深1m以浅で、底質もネストがあるハードボトムではなく、どちらかというと泥や腐った葦が堆積したエリア。

そこで、直リグをゆっくり引くと、確実にシンカー分だけはボトムから浮いた状態になるようで、ここではミズバイトなくしっかりフッキングまで持ち込めました。

同じようにテキサスリグでズル引くとシンカーが底に刺さってゴミを拾ってしまうので、直リグだと仮にシンカーがゴミを拾っても上部のジャスターホッグの部分にはゴミはつかないので、ストレスなく引くことが出来ました。ハードボトムでなくて、やわらかい底質エリアでのスローなズル引き、結構良い感じでした。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:07| Fish ON! REPORT