2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年05月06日

東岸オカッパリから東北まで

琵琶湖のオカッパリでデカバス釣れる 56cm 5月6日.jpg

大型連休の最終日となった本日、天気は荒れ気味となりましたが、東岸オカッパリ人気は衰えず、人気スポットは常にアングラーが居る状態だったようです。そんな中でも、ピンキー鷹野さんはやはり釣っておりました。昨日は仕事で釣りに行けず、その分、しっかりデカいのを仕留めております。コンディション抜群の56cmをGET。

水路で釣れるジャスターホッグ33のピンク 5月6日.jpg

ヒットルアーはもう聞くまでもありません。ジャスターホッグ33の直リグ10g。カラーはもうお決まりのピンクです。サイトでもなくても、このピンクカラーが効く事を実証しまくっている状態。雪解けによる濁り、雨の濁り、特にこの春の濁りにおいては、明らかな差が付く事があるので、皆様も是非お試しください。ピンクの次はスカッパノンも濁りの中で強いので、お勧めです。

そして、狙うべきスポットはできるだけしっかりしたカバー。ピンキー鷹野さんは、そんなカバーを丁寧に探っているみたいです。他のアングラーの倍以上は丁寧に、だから倍以上釣っております。

琵琶湖岸釣りで釣れる 48cm 5月5日.JPG

そして昨日5月5日は、まだロクマルの余韻が残っている高橋会長が50cmには少し足りないナイスサイズをGET。

琵琶湖岸釣りで釣れるワームはジャスターホッグ43 5月5日.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ43(シナモン/ブルーフレーク)のヘビテキ。昨日、23でロクマルをGETしたかと思うと、この日は43のテキサス。その辺りのアジャストはお見事です。

オカッパリで確実に釣れるワーム.JPG

しかし同日、同行していた池本さんはジャスターホッグ23のダウンショットでやはり50に後少し足りないナイスサイズをGET。

釣れるジャスターホッグ23のダウンショット.JPG

工藤さんも23のダウンショットで。

水路で釣れる.JPG

伊澤さんも23のダウンショットで。

オカッパリでカバーの釣り 5月4日 50cm.JPG

長谷川さんはお得意のジャスターホッグ43のテキサスリグで50UPをGET。

各自、カバーの中ならジャスターホッグ43、または少し誘い方を変えてジャスターホッグ33の直リグ、そしてカバーの周り、何らかの障害物の回りで見せて釣るなら、ジャスターホッグ23のダウンショット。

その日の条件や、各アングラーのリズムやスタイルに合わせて使い分けていけば結果はでるでしょう。これから先はさらにジャスターホッグ33やジャスターフィッシュ45の三又キャロが登場してくるはず。常にチェックしておいてくださいね。

ジャスターフィッシュ55のジグヘッド 5月5日 エクスプライド 263L.JPG

そして、ボートの方ではジャスターフィッシュ45〜55のジグヘッドが好調。最近では南湖全体に濁りが入っている為、少しボリューム感を持たせた方が良いだろうと、ジャスターフィッシュ55のジグヘッドを多用、ワーム自体にウエイトが有り、風の中でも使いやすく、サイズを狙うには丁度良いサイズとなっております。

ジャスターフィッシュ55のジグヘッド1,8g (1).JPG

ちなみに最近船長が使用しているジグヘッドはオーナーばりのウルトラヘッド1/16oz。少し軸が太いので、サイズ狙いのフックとなっております。

檜原湖でデカラージ .jpg

そして、東北の檜原湖もついにデカラージが動き始めたようで、溝井さんが捕獲。

檜原湖で釣れるルアー .jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g。ショアーに残っている雪や岩のシェード狙いのパターン。

檜原湖で釣れるリグ 直リグ.jpg

昨年もこのパターンは炸裂、今年もやはりジャスターホッグ33が活躍しそうですね。

宮城県でバス釣り 50UP.jpeg

さらに同じ東北でもこちらは宮城県内のある川。4mのブレイクに沿って1ラバージグ10gにジャスターホッグ43のセットでリズムよくボトムをたたいていると、50UPの2600gをGET。

宮城県でバス釣り場 ジャスターホッグで.jpeg

さらにバックシートにも40後半クラスがGET。ともにジャスターホッグ43。東北の地でも、ジャスターホッグは活躍してくれております。

ジカリグの水中.JPG

大型連休後半は全国的に荒れ模様の天気となりましたが、これからは暑くなる予報が出ております、これで一気に水温が上がり、魚の活性も再びUP。エリアによってはアフターの魚も混ざり、色んな釣り方ができる時期となってきます。

水平姿勢.JPG

ここでよく紹介する琵琶湖東岸オカッパリでもお解りのとおり、同じジャスターホッグでも、リグや使い方で結果がかなり変わってきます。色々ルアーを変えるのも一つの手ではありますが、そのルアーの持つ特性を理解して、色んな釣り方で試してみるのも良いかと思います。

GETNETのHP.jpg


先週にオープンしたばかりのGETNETのHPでは各ソフトベイトの特徴やカラーラインナップを各サイズ毎に紹介、また来月に開催されるイベント等についても紹介してるので是非参考にして貰えればと思います。



ただ今、GETNET−TV No16を公開中ですので、是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 21:14| Fish ON! REPORT