2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年05月09日

連休後は好調

5月の東幡野池で釣れる 5月8日 .JPG

5月8日、朝から東幡野池に行っていたゴータ君が、40後半のナイスサイズをGETしております。

5月の東幡野池で釣れるジャスターホッグ33の直リグ 5月8日.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g。ウィードのある野池で、そのエッジでバイト。

東幡野池で釣れる池 .JPG

そして、陽が上がると、カバーの中に撃ち込んでGET。ともにジャスターホッグ33の直リグによるもの。カバーの際、中を問わず攻める事ができるのでやはり便利なリグですね。

小貝川で50UO釣れる 5月8日.JPG

そして同日、小貝川にボートで出ていた野村君もかなり良い釣りができたようで、50UPもGET。関東フィールドでは貴重なサイズです。

小貝川で50UPが釣れたルアーはジャスターフィッシュ55 5月8日.JPG

さて、小貝川で50UPを捕獲したそのルアーですが、何とジャスターフィッシュ55のテキサスリグ。関東フィールドでも、サイズを狙うには、フィッシュ55は通用します

小貝川で釣れるルアー.JPG

さらに50には少し足りない1900gのナイスサイズも追加。

小貝川で釣れるジャスターホッグ33.JPG

こちらは小貝川での黄金セット。ジャスターホッグ33の直リグ7gカラーはやはりスカッパノン。詳しくは野村君のブログを見てください。

東岸オカッパリで51cm 5月8日.jpg

同日、8日。ピンキー鷹野さんも琵琶湖東岸オカッパリに出撃。そして毎度のごとく50UPをGET。

釣れるピンクカラー 5月8日.jpg

ヒットルアーはもう言うまでもありません。ジャスターホッグ33の直リグ10g、カラーはピンクです。この安定度は凄まじいものがあります。
ボトムでの立ち姿勢、また水平姿勢のキープをいかにイメージできるか!!もっと言えば、そのイメージをカバーの中においてもできるかどうか!!

イメージできれば、アクションの付け方やステイの間もやりやすくなるでしょう。ジャスターホッグを使用する時は、是非そのイメージを持って釣ってほしいと思います。ピンキー鷹野さんは、常にイメージしながら釣りをされています。故に、あれだけ丁寧に、またスローにできるのでしょう。

東岸水路で釣れる 5月8日 ジャスターホッグ23.jpg

そしてサイズ狙いでジャスターホッグ23のダウンショットを使わせたら、右にでるものはいない高橋会長。8日も40後半クラスをGET。

5月琵琶湖オカッパリ 48cm.jpg

同サイズも追加。

5月のオカッパリで釣れるルアー.jpg

高橋会長のジャスターホッグ23のダウンショットも、ピンキー鷹野のジャスホ33の直リグ同様、安定度抜群。このパターンは5月末までは続くでしょう。

琵琶湖で23のサイズとなると、殆どのアングラーが数釣りのイメージを持ちますが、会長はあくまでもサイズ狙いで使っておられます。
テールが垂れない水平姿勢をいかにキープできるか、さらに言えば、動きの柔らかいマス針を使用しての話。

この釣りは、先程も申し上げましたが、5月末までは通用する可能性が高いので、是非試してみてほしいところです。

東岸オカッパリで50UP 5月8日.jpg

ちなみに、同日8日に東岸アイランド周辺でオカッパリをしていた萩野君も50UPをGETしていたのですが、

東岸オカッパリで50UPが釣れるルアー.jpg

ヒットルアーは同じくジャスターホッグ23のダウンショット。萩野君は、昨年高橋会長の釣りを横でみて、その技をマスター済み。まさに小さな巨人です。

こうやってみると、連休後にも関わらず、各地で釣れまくっております。これからは色んな状態の魚が出てきて、釣り方にも幅が出てくるので、ますます面白くなるでしょう。

GETNETのHP.JPG


先週にオープンしたばかりのGETNETのHPでは各ソフトベイトの特徴やカラーラインナップを各サイズ毎に紹介、また来月に開催されるイベント等についても紹介してるので是非参考にして貰えればと思います。



ただ今、GETNET−TV No16を公開中ですので、是非ご覧ください。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 21:23| Fish ON! REPORT