2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年05月25日

カバー攻略&ヘビダン好調


東幡野池で釣れる.JPG

5月22日はゴータ君が東幡野池に出撃しておりました。田んぼの濁った水が入っているようで、カフェオレ状態の野池が多く、全体的に渋かったとの事。そんな中でも、見事40UPをGETしておりました。

東幡野池で釣れるルアー.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ33&OSPゼロワンジグ11g。このセットをカバーの中に入れてGET。

東幡野池でスモラバ.JPG

さらに、40UPを追加。

東幡野池 スモラバに付けるワームは.JPG

こちらは、ハードボトムを1,8g&ジャスターホッグ23のセットでスローに探っていきGET。スモラバ&ジャスターホッグ23も野池オカッパリにおいては欠かせないセットになっております。

東幡野池で50UP.JPG

そんな難しい東幡野池ではありますが、少しずつ回復には向かっているようで、本日25日、いつもこのブログを見てくれているマツジュンさんから嬉しいメールが来ました。内容をそのまま掲載させて頂きます。
「GETNET-TVの野村さんの釣りを見て黄金コンビ+アシ際縛りで50cmジャストと25cmGETです!!GETした野池は地元の通い込んだアングラーがセンコーにしか反応しないと言っていた野池です。そんな野池でもバスが口を使ってくれるジャスターシリーズはヤバいですね♪」

東幡野池で直リグ.JPG

ジャスターホッグ33の直リグ。カラーはスカッパノン。まさに野村黄金コンビ、そのままです。こうやって皆様の役に立っていると思うと、本当に嬉しく思います。マツジュンさん、ありがとうございます。

オカッパリで釣れるワーム 5月23日.jpg

さらに23日、マーシ山本がリザーバーのオカッパリに出撃。順調に釣果を伸ばしております。この魚は47cm

オカッパリでジグヘッド.jpg

ジャスターフィッシュ45のジグヘッド。

リザーバーのオカッパリ5月23日.jpg

50cmに1cm足りませんが、コンディション抜群の魚。

釣れるジグヘッド.jpg

ヒットルアーは同じ、フィッシュ45のジグヘッド(カスタムモデル)。パターンは、ベイトが回ってくるであろうシャローのパラパラのカバーの中にこのセットを入れて軽くシェイクして食わしたとの事。

ジャスターフィッシュ45のジグヘッド.jpg

ジャスターフィッシュ45のギルカラーの内側に反射板を入れたカスタムモデル。これで軽くシェイクいれると、まさにベイトフィッシュ。フィーディングに入ってきたデカバスも思わず口を使うようです。

11 エクスプライド165L−BFS_R.JPG

最後は、24日の船長琵琶湖プロガイド。結果的には50UPが4本、40UPは多数の好反応となりました。

14 エクスプライド165L_R.JPG


ただし、どこでも何でも反応する状況ではありません。一番良かったのはジャスターフィッシュ45のヘビダンでした。

琵琶湖で釣れるヘビダン.JPG

ロッド&リールはエクスプライド165L−BFS&アルデバランMg7、ラインはFCスナイパー8ポンド。フィッシュのカラーはやはりプロブルーへの反応が良く、サイズが格段に良かったように思います。

詳しくは船長日記で公開中ですので、是非ご覧ください。

                                  

ただ今、GETNET−TVでは野村君が爆釣している小貝川でのシャロー攻略を動画で公開しております。まだまだこれからの時期、通用するテクニックですので、是非参考にして貰えればと思います。

GETNETのHP.JPG

5月にオープンしたばかりのGETNETのHPでは各ソフトベイトの特徴やカラーラインナップを各サイズ毎に紹介、また来月に開催されるイベント等についても紹介してるので是非参考にして貰えればと思います。



GETNET−TV No16では琵琶湖の爆釣映像を公開中ですので、是非ご覧ください。





posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:07| Fish ON! REPORT