2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年05月30日

東幡野池&琵琶湖東岸オカッパリ

琵琶湖オカッパリで50UPが釣れる 5月29日.JPG

一足早くスポンに入った琵琶湖東岸水路系の釣りが一段落すると、東岸オカッパリもエリアがさらに拡大してきますが、5月29日、次なるスポットを探していた長谷川親子が当ててきました。

まずはショータ君が50UPをGET。

オカッパリで釣れるチョン様.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のチョン掛け仕様。ネイルシンカーは0,5g前後。スローに泳がしては、フォールの繰り返し。さらに下のレンジをスイム、またはロールアクションを強くしたいなら、ネイルシンカーで調整できるので、魚の反応を見ながら色々やっていけば良いでしょう。

東岸オカッパリからブレードジグ 5月29日.jpg

さらにタイミングで、ジャスターフィッシュのブレードジグ仕様で45UPをGET。オカッパリからでも意外に飛び、根掛かりが少ないので、巻くパターンには定番になりつつあるセットです。

オカッパリでダウンショット.jpg

お父さんも負けじと45UPをGET。ジャスターホッグ33のダウンショット。今年は少しライトリグの域に踏み込まれたみたいですね〜!!まだスピニングが似合わない感じです。

東幡野池で釣れる、ハンツ7g40後半.JPG

そして、同日、29日。東幡野池に出撃していたゴータ君ですが、かなり良い釣りができたようです。釣れる魚のサイズが大きいですね〜!!
この魚も40後半クラス。

東幡オカッパリでハンツ+ジャスターホッグ33.JPG

ヒットルアーはOSPハンツ7g&ジャスターホッグ33のセット。

東幡野池で釣れる、ゼロワン11g+ジャスターホッグ33.JPG

さらに。OSPゼロワンジグ11g&ジャスターホッグ33のセットでも40後半をGET。ともにカバーでの釣りでバイトが多発したとの事です。

東幡野池も回復系の魚が多くなっており、表層系も面白くなっております。またカバーの中でも魚が浮き気味のようなので、ジャスターホッグをトレーラーにする事によって、フォールスピードを抑えつつ、さらにボトムでも斜め立ちをするので、バイトに持ち込むチャンスが増えます。

これから野池オカッパリに行かれる方は、カバーの釣りは必須となるので、ジャスターホッグをご用意ください。

GETNETのセミナー6月9日.jpg


6月9日(土)にはキャステイング稲田堤店にてセミナーを開催させて頂きますが、来店して頂いた方にサプライズを提供できるよう、ある調整を試みているので、是非参加して頂きたいと思います。

今のところ、ギリギリにならないと解らない微妙な状況ですが、おそらくお得感いっぱいのイベントになると思います。期待しておいてくださいね。

                                 

ただ今、GETNET−TVでは今も激熱に釣れている小貝川のシャロー攻略を公開中です。是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 10:52| Fish ON! REPORT