2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年06月29日

オカッパリからJF55

東岸オカッパリで50UP.jpg

29日、琵琶湖東岸オカッパリに行っていた河野君が、50UPをGET。

琵琶湖オカッパリで直リグ.jpg

ヒットルアーはジャスターフィッシュ55の直リグ。このシンカーをよ〜く見ると、変えているね〜!!おそらく10gかな!!オカッパリからだと、ヒシ藻が多くなっているから、ウエイトを上げる方が良いでしょうね。

直リグ&ジャスターフィッシュ55でデカバス.JPG

船長も、ガイド時にはジャスターフィッシュ55の直リグを多用しており、55cmUPの捕獲率はかなり高くなっております。

直リグ&ジャスターフィッシュ55.JPG

この魚は59cmでした。詳しくは船長日記で公開中です。

琵琶湖で直リグ.JPG

この魚は56cm。

直リグタックル.JPG

コアユを追っているハスが多くなっているので、まさにJF55はベストサイズ。またこの直リグはボトムのみのイメージが強いと思いますが、スイミングで使うと、ワームが回転しないので、かなり使えます。

昨年のテスト時には、このフィッシュ&直リグを水面で使用すると、ワームの下でシンカーがキラキラ光り、集魚版の役目を担い、水面炸裂となった程です。

今の琵琶湖、ボートに限らずオカッパリからでも使えるので、大きいサイズとは思わず、是非試してみてください。

JF55.png

ジャスターフィッシュ55のカラーチャートはこちらまで。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 17:20| Fish ON! REPORT

野池での実釣&テスト

野池でのダウンショット.jpg

6月27日、野池のオカッパリに出撃したマーシ山本、決して反応が多くは無かった状況ですが、47cmをGET。かなり回復している魚です。

ダウンショットにはジャスターホッグ23.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ23のダウンショット。ウィードのエッジにJH23をステイさせ、一点シェイクしていると食ってきたとの事。

直リグにはジャスターホッグ43.jpg

さらにカバーの中にジャスターホッグ43の直リグを入れて、38cmをGET。ウィードが多い野池の方が結果を出しやすい傾向になってきたとの事です。ジャスターホッグ特有のマテリアル故に可能となるアクションが有り、それらは高比重系にはできない。

今年の春から、JH23に開眼したマーシ山本は、その特徴を理解しており、上手く使っております。

野池オカッパリ.JPG

そして6月28日はジャックを始め、あるリグや釣り方等のテストで久米さんと野池にテストに行っておりました。やはり例年と比べると、遅れており、虫パターンもまだまだこれからのようです。

野池で入れ食い.jpg

バスはやはりシェードが好きで、可愛いサイズからデカイのまでおりますが、早々簡単には釣れません。しかし、同じルアーでも釣り方を変えると、反応が激変しました。例え可愛いサイズでも、明らかに水流を感じており、また眼でルアーを追っており反応を変えております。

オカッパリで釣れるワーム6月28日.JPG

途中から、合流した萩ちゃんは、いつもどおりボコボコ釣りまくり。ヒットルアーはジャスターフィッシュ35、亀山ダムで撃沈した三重のオカッパリマスターは、次のリベンジに向けて、かなり研究しております。

今回のテスト項目にもあったジャスターフィッシュ35の使い方も、噂どおりワラワラと湧いてくるのは本当でした。

野池で釣れている6月28日.JPG

さらに、デカいのもヒット。

野池で直リグ.JPG

40UPもきっちり釣ってくれました。ヒットルアーはジャスターフィッシュ35の直リグ7g。ガチではなく、テストでかなりお気楽に行ったつもりですが、終わってみれば、結構釣れました。

今回の野池テストでは魚の反応の差をあからさまに目視できたので、非常に面白かったし、参考になりました。次はジャックの進化版を持って行こうと思います。



野池での実釣模様はGETNET−TV No18で公開中です。是非ご覧ください。

GETNETのHP.JPG


GETNETに関する情報はGETNET WEB SITEで公開中です。是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 07:08| Fish ON! REPORT