2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年07月12日

直リグ10gがキモ!!

琵琶湖で直リグ.JPG

今日は、佐藤さんと湖上に出ておりましたが、2日前に好調だったジャスターホッグ43の跳ねラバは今日も今一。そこで代わりに好反応だったのが、ジャスターホッグ43の直リグでした。

霞水系をホームにしている佐藤さんですが、今年から、時間を見つけては琵琶湖通い。そんな霞と琵琶湖で、かなり得意としているのがジャスターホッグの直リグで、このリグの使いどころをかなり熟知しているアングラーの一人。

直リグにはジャスターホッグ43 7月12日.JPG

今回の琵琶湖釣行でも56,5cmをGET。毎回きっちりデカイのを釣っていきます。

琵琶湖で釣れるワーム 7月12日.JPG

同じジャスターホッグ43を使用していても、ジグには反応が無く、直リグにはバイトがあるから、面白いもんです。

ウィードには直リグ.JPG

さらに、今回初めてバス釣りに挑戦した佐藤さんのお兄さんも、50UPをGET。ヒットルアーはやはりジャスホ43の直リグでした。

直リグとの相性.JPG


本日のメインヒットルアーは、この写真のとうり、ジャスターホッグ43、ウォーターメロン/レッドフレーク。そして直リグは、5gシンカーの2個掛け。

この2個掛けが良いのかどうかは不明ですが、明らかに10gの方に反応が良かったのは事実。船長は7gでやるも1バイトあったのみで、バイトの数が圧倒的に異なりました。

もし現場で10gのシンカーが無い場合は、この2個掛けのように市販モデルの5gと7gを組み合わせて貰えればと思います。7g+7gの14gも大有りでしょうね。是非、フィールドで試してみてください。

なお、本日の船長琵琶湖プロガイドの詳しい模様は船長日記で公開中です。是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:46| Fish ON! REPORT

2012年07月10日

跳ねラバで55cmUP連発

7月の琵琶湖で跳ねラバ 7月10日.JPG

7月10日は琵琶湖に出撃。高気圧が張り出し、一見渋く思えましたが、跳ねラバにデカいのが連発。この魚は、3キロフィッシュとなった55cm。この時期に3キロとなると、その引きは強烈で最高に楽しめます。

跳ねラバに付けるワームは 7月10日.JPG

ヒットルアーはハンツ10gにジャスターホッグ43のセット。カラーはブラック/レッドフレーク(問屋オリジナルカラー)。これから初夏にかけて、デカいのに赤は効きます。

跳ねラバで55cm.JPG


この魚も55cm。

跳ねラバにジャスターホッグ.JPG

ヒットルアーは変わりません。この魚は、着底直後にバイト。

7月の琵琶湖で釣れるリグ 56cm 3.JPG


この魚は56cm。

跳ねラバにはジャスターホッグ43 7月10日 3.JPG

この魚は跳ね後のステイでコツとバイト。やはりしっかりステイを入れる事は必要です。

琵琶湖で跳ねラバ釣れる.JPG

そして、ゲストの兼松さんは、中学以来にバス釣りで、50UPをGET。初の跳ねラバ故に、かなり興奮気味。

跳ねラバ.JPG

ヒットルアーはOSPハンツ10g&ジャスターホッグ43、カラーはブラック/ブルーフレークでした。

跳ねラバに付けるワームでも、パタパタ系などフォールで誘えるタイプ、またある程度のスピードでフォールさせて、ドスンと着底させて、そこからのリアクションで誘うタイプと、反応が変わる事があるので、同じ跳ねラバでも色々試してみると良いでしょう。

今日は、デカいのはドスンと落として、ステイのジャスターホッグ43でした。

なお、船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は船長日記で公開中です。是非ご覧ください。

東幡野池で釣れるテキサスリグ 7月10日.JPG

そして、昨日東幡野池でナイスサイズをGETしていたゴータ君。今日も午前中だけ出撃した模様。やはりきっちり仕留めております。

野池でテキサスリグ 7月10日.JPG

今日は、ジャスターホッグ43のテキサスだったようです。簡単なレポートがゴータ君から下記のとうり届いておりますので、是非、参考にしてみてください。

お疲れ様です。中原です。朝の40後半一本と小バス二桁を釣り、昼で帰宅しました。デカイのはインレット+カバーという複合ポイントでバイトがあり、インレットだけのオープンなエリアでは、デカイのは出ず、小バスのみでした。

40後半を仕留めたのは、ジャスターホッグ4.3のブラックブルーフレークの8.8gテキサスを枯れた葦が覆いかぶさるカバーの中にぶち込みGETしました。結果的にシェード+水通しのいいエリアでのバイトだったので、少しずつ夏パターンに以降している雰囲気です。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:43| Fish ON! REPORT

表層からボトムまで

7月の東幡野池.JPG

7月9日、東幡野池で出撃していたゴータ君がまたまた40後半のデカイのをGETしております。

東幡野池で釣れるワーム7月9日.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45との事。釣り方は下記のようにレポートがありました。

こんばんは、中原です。仕事前に軽く東播の様子を見てきました。結果は、40後半の魚をフィッシュ4.5(コアユ)の3.5gテキサスで仕留めてきました。 パラ葦+インレットという一級ポイントで葦に引っ掛けてほぐして外した瞬間にバイトがでました。 フィッシュのロールとカバーでのすり抜けのよさが最近の東播で好調です。明日も半日だけ出撃してきますのでいい魚が釣れるように頑張ってきます。

琵琶湖でオカッパリ 50UP 7月8日.jpg

さらに7月8日、琵琶湖東岸水路に出撃していた長谷川ショータ君は50UPをGET。ヒットルアーはジャスターフィッシュ55のノーシンカーとの事です。水路は、ヒシ藻が多く、水面系となると殆どのアングラーがフロッグ系をされているので、やはり魚も見慣れてくるものです。

フロッグとはまったく異なったシルエットとアクションで誘う事ができるジャスターフィッシュ55。自重10g前後あり、ベイトでも十分キャストできるので、これからの季節まだまだ活躍しそうです。

ジャスターフィッシュの開発コンセプトはオールレンジ対応のシャッド型ソフトベイト。ゴータ君はライトテキサスで、ショータ君はノーシンカー、各レンジで釣れております。

GETNETのHP.JPG

GETNETに関する情報はGETNET WEB SITEをご覧ください。



ただ今、GETNET−TV No19を公開中です。是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 06:08| Fish ON! REPORT

2012年07月08日

やはり使い分け必要



既にご覧になった方も多いと思いますが、野池の炸裂映像となるGETNET−TV No18。この時はジャスターフィッシュ35のピクピクが強烈にはまり、他の釣り方とは歴然とした差を感じる事ができました。

野池のオカッパリで50UP.JPG

この時、まさに感動的なドラマフィッシュとなるブリブリの50UPを捕獲できましたが、ルアーはピクピクではありません。

野池で釣れるジャスターフィッシュ35 .JPG

お口の中に入っていたのは、ジャスターフィッシュ35のスモラバ1,8g。カラーはプロブルー。

野池で釣れるスモラバ.JPG

この魚も45cmUPで、やはりジャスターフィッシュ35のスモラバ1,8gでした。

スモラバにはジャスターフィッシュ35.JPG


ご覧のとうり、良いところに刺さっております。

釣れるスモラバ.JPG

この写真は、既に紹介させて頂いている亀山ダムで活躍したスモラバセットですが、実は同じ感覚で使い分けておりました。

スカートのタイプで、ファインラバーとシリコンラバーの差。ガードやフックの強弱などをトータル的に考えてセレクト。ちなみに今回使用したスモラバはOSPのシンクロ(ファインラバー)とプロズチューンデヴァイス(シリコン)の2タイプでした。

ガードの強弱はカバーの濃さ、フックの強弱もカバーに連動し、さらに狙う魚のサイズやセットするワームでも変わってきます。
そして、スカートのタイプですが、水押しでいうと、やはりシリコンタイプとなりますが、実はこれが厄介で、水押しが強ければ良いとは限りません。

IMG_0629.JPG

野池やリザーバーに行くと、かなり釣れるスモラバセットですが、同じワームをセットしても、スカートのタイプで魚の反応が変わる事が有り、それは、実際、自分の眼で見て確認できたので、それから色々テストしております。

最初はスモラバに付けるワームにおいては大差なしと思っていましたが、これも、テストしていくとワームとの相性がかなり有り、トータルでの水押しと、アクションがかなり重要。ラバーがワームに与える影響はかなり有りますから。

例えば、同じスモラバでも、ジャスターホッグ23とジャスターフィッシュ35は明らかに反応が変わるので、使い分けは必要です。


確かに釣れるスモラバセット。自分で使いやすいと思った数タイプのスモラバに、自分なりに相性が合うワームを見つけてみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:14| PRODUCTS INFO

2012年07月06日

ジャスターフィッシュ35出荷完了

JF35カラーラインナップ.JPG

大変お待たせしました。7月4日、ジャスターフィッシュ35を出荷させて頂きましたので、早いところでは今日あたりから店頭に並ぶと思います。ただし、、一店舗当たりの入荷量は決して多くはありませんので、店頭で見かけたら、是非手に取って頂ければと思います。



ただ今、GETNET−TV No19を公開中。JF35、リザーバーではかなり戦力となるサイズなので、色んなリグで試してみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 16:11| PRODUCTS INFO