2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年10月26日

復活か!!東岸オカッパリで50UP

琵琶湖のオカッパリで釣れる 10月26日.jpg

23日に降った冷たい雨の後、一気に魚の活性が落ちた琵琶湖東岸オカッパリエリア。この数日間、何とか釣れるも、どうにもサイズが良くなに状況が続いておりましたが、本日、長谷川隊長が53cmをGET。

琵琶湖のオカッパリで50UP 10月26日.jpg


まずは、表層で軽く誘った後、フォールさせると、一気に食ってきたとの事です。

琵琶湖オカッパリで釣れるルアー.jpg

ヒットルアーは10月に入ってから使用頻度が上がりっぱなしのジャスターホッグ43の直リグ10g。さすがに、秋本番となり、カバー周辺を探る事も多いので、色んな誘いができる直リグにバイトが多くなっているようです。

さらに、長谷川隊長によると、この50UPよりもデカイ魚を掛けたが、バラしたようで、反応するサイズが良かったとの事です。

明日の天気も晴れなので、少し水温が上がったタイミングで、デカイのが食うかもしれません。是非、ジャスターホッグ43の直リグで狙ってみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 21:56| Fish ON! REPORT

ダウンショットには

10月の琵琶湖.JPG

10月25日、秋晴れで暖かい一日となったこの日、湖畔テストで湖上に出ておりました。手堅く、サイズの良い魚を釣るには、やはりディープクランクが手っ取り早く、このパターンは、定番で変わっておりません。

そしてクランクで拾っていくフラットエリアで、バイトが無くなり、ライトリグを投入してみると、これが連発モードになる場面も有りました。

秋の琵琶湖でライトリグ.JPG

サイズは大小、混じる状態で、40後半クラスまで釣る事ができました。先週と比べると、南湖全体にベイトが多く入っておりますが、そのベイトは小さく、5cm前後が多かったです。

ライトリグで釣れるワーム 10月25日.JPG

故に、ジャスターフィッシュ35がマッチ・ザ・ベイトなのか、生命反応は多く得られる状態です。このジャスターフィッシュ35のサイズですが、今の時期には、数釣りベイトではなく、サイズも狙えるので、琵琶湖ボート釣行でもこの35サイズはお勧めとなります。

おそらく、この35サイズはダウンショットで使用するのが一番、簡単かつ反応が良いので、まずはダウンショットから試してみてください。

お知らせ

ルアー合衆国.JPG


三重テレビ放送で10月からスタートした新しいルアー専門番組「ルアー合衆国」ですが、ついに10月27日(土)にバス釣りがオンエアーされます。番組案内にもご覧のように掲載されました。

ルアー合衆国.JPG

視聴エリアは三重、愛知、岐阜、静岡の一部とメインは中部エリアとなりますが、オンエアー後、直ちに「ルアー合衆国」HPにて、動画配信しますので、是非HPをチェックして貰えればと思います。

GETNET-HP.JPG



ジャスターホッグ43を始め、各モデルのカラーラインナップ、そしてイベント、動画等、GETNETに関する事はGETNET WEB SITEでもご覧になる事ができますので、チェックの程よろしくお願いします。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 09:25| Fish ON! REPORT