2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年11月21日

東岸オカッパリで50UP

11月の琵琶湖オカッパリ.jpg

11月21日 久しぶりに東岸オカッパリに行った長谷川ショータ君が50UPをGET。今の琵琶湖は、ボート、オカッパリに限らず、サイズを狙うと本当に難しい状況ですが、そんな中で、久しぶりに来て、あっさり50UPを釣るのは、さすがショータ君です。

11月の琵琶湖オカッパリで50UP釣れる.jpg

ヒットルアーは、ジャスターフィッシュ35の直リグ5g。何か、引っ掛かりがあれば、そこでステイさせ、そのステイから動かした瞬間にバイトしてきたとの事です。

これからの時期になると、この35サイズが活躍してくれるでしょうね。

琵琶湖でジグヘッド.jpg

11月20日、船長琵琶湖ガイドでは、ゲストの村尾さんも、ジャスターフィッシュ35のジグヘッドでGETされておりました。流石にこの35を使うと、魚の反応は有りました。

11月の琵琶湖でジグヘッド.jpg

私もライトリグでGET。

若蕗1.JPG

ジャスターフィッシュ45のジグヘッド、問屋オリジナルカラーの若蕗が活躍してくれました。

若蕗カラー.JPG

3m前後のウィードエリアで、軽くミドストそしてステイの繰り返しでサイズを問わなければ、とりあえず釣れます。

no-title

この若蕗、水中を見ると、何気にリアルに生命感のあるカラーに見えるので、結構気に入ってます。是非試してみてください。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:26| Fish ON! REPORT

2012年11月18日

野池で確実に釣る為に


11月18日(日)、地元の野池オカッパリに出撃していた久米さんから、レポートが届きましたので、紹介させて頂きます。

今日は朝一番から野池に行ってきました。


昨日は一日温かい雨でしたが雨が止むにつれて寒くなってきました、案の定朝からかなりの冷え込み、さらに冷たい風が吹き付ける状況です。

11月の野池で釣れる.JPG



まずは、ジャスターホッグ2.3インチの2.7gダウンショットで取水口付近の深場をスローに探るとアッサリ釣れましたが可愛いサイズ。

野池で直リグ.JPG


そこで幸紀君がシャローのアシ原をジャスターホッグ3.3インチ+直リグ7gで釣り込んでいくと、41cmのコンディション抜群君がバイト、少しへっぴり腰でしたが無事にキャッチ。

野池でダウンショット.JPG
続いてヒロトシ君もホッグ2.3ダウンショットでアベレージを釣り昼休憩。

ダウンショット.JPG

その後再度トライしに行き自分がジャスターホッグ2.3インチダウンシトで深場から   44cmの良く引く魚をGET



11月の野池で40UP.JPG


アクションは大きめのゆっくりで底のヒシモが枯れた堆積物に引っ掛けてはステイの繰り返しで釣り込みました。

野池で釣れるルアー.JPG



これからはこのセットが手離せませんね。


冬に釣れるジャスターホッグ23.JPG
今回、久米さん達が行った野池は、地元では超有名野池で、この日もかなりのアングラーが居たとの事。そんな中でも、バイトが圧倒的に多かったのが、ジャスターホッグ23のダウンショット。ジャスターフィッシュ35には無い波動が有り、反応する魚が異なるので、使い分ければ、かなりの戦力になるワームです。


これから低水温期になれば、さらに強くなってくるので、野池、リザーバーのオカッパリに行かれる方は、是非試してみてください。

GETNET-HP.JPG

ジャスターホッグ43を始め、各モデルのカラーラインナップ、そしてイベント、動画等、GETNETに関する事はGETNET WEB SITEでもご覧になる事ができますので、チェックの程よろしくお願いします。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:32| Fish ON! REPORT

2012年11月17日

各サイズ、ラインナップ

11月14日、極寒の中、リザーバーのオカッパリに行っていたマーシ山本から、レポートが届きましたので、掲載させて頂きます。

前日は雨で11/14の朝からはヒョウやミゾレが降りとても厳しい状況でした。

デカバス狙いでリザーバーに狙いを絞ったのですが、朝イチのポイントは気温6℃  水温10℃とシャローから魚という魚は消え去りあえなく移動。

野池でデカバス.jpg



そして先週良かったリザーバーに移動し強風の為風裏エリアでサイトを開始するとかろうじて1匹だけ発見!

すかさず回遊ルート上にジャスターホッグ23ダウンショットを落とし、バスがホッグの上を通過するときにワンアクションして気付かせてスラックシェイクで食わせました。

ジャスターホッグ23.jpg


上がってきたのはブリブリの48pでした。

バスの口元も赤くなってきていよいよ冬がすぐそこまで来てますね。

ジャスターホッグ23のダウンショット.jpg


これからシャローの魚は少なくなりますが居ればコンディションの良いビッグサイズなのでまだまだジャスターホッグ23ダウンショットが活躍しそうです。ちなみにフックの刺し方は縦刺しです。

冬に釣れるジャスターホッグ23.JPG


スポンの時期と、低水温期において、かなり効果的となるジャスターホッグ23ですが、特にこれからの時期のダウンショットでは、バイトを得る事ができます。

ただし、これからの時期でのダウンショットで気を付けなければならないのは、シェイクの強さで、マーシ山本も書いているとうり、ラインスラックを使ったシェイクを心掛ける事。パドルが微妙に震える程度がベストです。

ジャスターホッグが上下に激しく揺れると、釣れるサイズが小さくなるので、この点は注意が必要ですね。

ルアー合衆国.JPG

既に放送された「ルアー合衆国」の中でも、デカバスをヒットさせたのはダウンショットでした。その中でも、動かし方を説明しているので、まだご覧になっていない方は、是非、「ルアー合衆国」HP内の無料動画で見て貰えればと思います。

BFO.jpg

また、11月11日には、熊本県内にて、バンクフィッシャーズ・オープントーナメントが開催され、52人のエントリーが有り、大変盛り上がったとの事で、吉本さんから連絡を頂きました。

バンクフィッシャーズオープントーナメント.jpg


もちろん、GETNETも協賛さして頂きました。九州では、ジャスターホッグ33が人気らしく、年々使って頂くアングラーが増えている状況。これからも、楽しいイベントがあれば、積極的に協賛させて頂きたいと思います。

GETNET取扱い店.jpg

さらに、11月16日、三重の野池でサンプルのテストをしており、少し早く終わったので、久しぶりに、プロショップかつき さんに立ち寄ってみました。すると、丁度ジャスターフィッシュ45の問屋オリカラ3色が入荷したところだったので、値段をつけ、

店頭に並べる業務のお手伝いをさせて頂きました。

ジャスターホッグ取扱い店.jpg


プロショップかつきさんにおいては、ジャスターベイトシリーズが各サイズ、各カラーが全て揃っている状況です。

プロショップかつき.jpg



通販もされているので、ジャスターシリーズでほしいサイズやカラーをお探しの方は、一度チェックしてみてください。

プロショップ かつき



 
posted by GETNET BLOG&NEWS at 12:26| GETNET NEWS

2012年11月15日

極寒の琵琶湖上は

釣れるジグヘッド.JPG

11月12日、この日はまだ暖かい琵琶湖ですが、前日にまとまった雨が降り、魚の活性は今一な状況でした。そんな中、3〜4mのウィードエリアでベイトの反応が有るスポットで53cmをGET。

ジグヘッドに付けるワーム.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド1,8g。カラーはプロブルーでした。ウィードの上面を軽くスイミングさせながら、ウィードに掛かれば、そのままステイさせる釣り方で、ステイ中にバイトが有りました。

11月14日 琵琶湖でジグヘッド.JPG

11月14日、日に日に寒くなっていく琵琶湖上。この日、水温は14℃台となり、例年よりかなり寒い状況。巻物系を試すも、反応が今一なので、手堅くジグヘッドで様子を伺う事に。すると、明確なバイトが有り、40後半クラスをGET。

シルバーホローシャッド.JPG

明確にバイトが出ただけに、ばっくり口の奥に入っておりました。

ジャスターフィッシュ オリカラ .JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド1,8g。カラーは、先週末に店頭に並んだばかりの問屋オリジナルカラー、シルバーホローシャッドでした。

琵琶湖でジグヘッド釣れる.JPG

さらに、同サイズを追加。ヒットルアーは同じく、JF45のジグヘッド1,8g。3〜4mのウィードエリアで、ベイトが多いスポットで反応が続きました。

14日 ダウンショット.JPG

またバイトが遠くなると、ジャスターフィッシュ35のダウンショットはかなり手堅く、サイズを問わなければ、反応は有ります。

11月の琵琶湖で釣れる11月15日.JPG

そして、11月15日。まさに時雨模様で、極寒の服装で挑んだ湖上ですが、何とか40後半クラスを釣る事はできました。

ヒットルアーは、プロトのF−2を直リグ10gにセットして、ボトムをしっかり取り、ズルズル。すると、これも明確なバイトが有り、上がったきたのがこの魚でした。

このプロトのF−2ですが、ただ今、数種類のマテリアルをテストしているところ。このサンプルは横の動きに強いので、今回のズル引きでもかなり役に立ってくれました。このまま順調にいけば、近い内に公開できると思うので、楽しみにしておいてくださいね。

1115 直リグ.JPG

また、同日、同船していた鷹野さんは、お得意のジャスターホッグ43の直リグ14g、ブレードチューン仕様でGET。ライトリグをやり込んだ後で、直ぐに食ってきたので、かなりびっくりしました。

この一週間で琵琶湖はかなり冷え込みましたが、そんな中でも、ジャスターフィッシュ45のジグヘッドはかなり安定して反応を得られていたように思います。狙う水深や、ウィードの量によって細かくウエイトを変え、ラインスラックを使ったシェイクなど、ソフトなタッチで操作していけば、バイトは得られるでしょう。

ジャスターフィッシュ45、これからの琵琶湖でまだまだ狙えますので、是非試してみてください。

琵琶湖上については船長ブログで公開中ですので、是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:26| Fish ON! REPORT

2012年11月14日

野池で50UP

11月13日 午後から野池に出撃した久米さんからレポートが届いたので紹介させて頂きます。


今日は昼から時間が空いた為野池を回ってきました。

DSCF1290.JPG


到着してまずは一投目にジャスターホッグ3.3インチのテキサスリグ7gで様子を見ていきますが反応無し、ラバージグ14gでリアクション気味にリフト&フィールするも反応無し、そこでジャスターフィッシュ5.5インチネイルリグで探る事にしました。

DSCF1285.JPG



キャスト後一旦ボトムを取り軽くトゥイッチをした後ロッドでスイミング、その後ステイの繰り返し、3度目のアクション後フォルー中にバイト、この魚が51cmのブリブリ君でした。

DSCF1292.JPG

その後は別の池でジャスターホッグ2.3インチのダウンショットやフィッシュのネコリグで楽しいサイズを釣り終了しました。

DSCF1291.JPG
どちらの魚も取水口付近の深いところで喰ってきました。

DSCF1294.JPG

バイトはフッと軽くなったり押さえ込んでくる様な状況です、集中していないと分かりづらいと感じますが水温が低いなりに安定すればもう少しバイトも明確になってくると思います。

DSCF1293.JPG



posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:00| Fish ON! REPORT