2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年12月31日

釣り納めで炸裂、55cmUP

早いもので、2012年も今日で終わります。そんな今年最後の日に釣り納めをしに行ったアングラーは少なく無いようですが、そんな中で、低水温を完全に読みきっているアングラーの一人、鷹野さんがまたまた炸裂したようです。
DSC_1294.jpg

昨日の雨の影響で濁りが入った野池への釣行。気温は4度、水温は5度。そんな中、まずはここ最近、デカイのが連発しているジャスターシャッドで魚を探していく事に。狙いどころとしては、枯れた藻やトロロ藻のあるスポットで、それらに絡ませながらのスローリトリーブの繰り返し。

冬の野池で55cm.jpg


そして、そんなウィードスポットを通していると、グ〜ンと重たくなるバイトが有り、その後は強烈な引きで、55cmGETとなります。

DSC_1299.jpg

水温5度でも、ご覧のようにばっくり食っております。

DSC_1301.jpg

ヒットルアーはジャスターシャッドのオフセットジグヘッド。これなら、ウィードに絡ませながらリトリーブするのにストレスが有りません。

冬の野池で入れ食い.jpg

その後、バイトが無くなるタイミングで、ジャスターフィッシュ45のマス針ネイルリグ仕様にチェンジ。するとバイト多発となり、30cmクラスが数釣れたとの事。ローアピールでは数が釣れるみたいです。

冬の野池で44cm.jpg

しかし、再度、ジャスターシャッドに変えて攻めてみると、お次は44cmをGET。やはりデカイのが食ってくる、みたいです。

ジャスターフィッシュとジャスターシャッド。アピールの度合いや出す波動の違いで、反応する魚のサイズやバイトの数が圧倒的に変わっております。水温5℃で、この明らかな差は、本当に面白いですね。

この冬、鷹野さんは、まだまだ釣りまくるでしょう。

冬の霞ヶ浦で釣れる.jpg

そして、関東でも負けずに釣ってます。本日、霞ヶ浦にボーとで出ていた藤田さんが40UPをGET。本人より、ガイドしていた佐藤さんの方が興奮しておりました。

DSC_0930.JPG

今の霞ヶ浦でボートで釣るとなると、本当に超難しく、釣り方も基本、シャッド(プラグ)での釣りがメインとなる。そんな中で、本日釣れたのはジャスターホッグ23のダウンショット。

DSC_0932.JPG

もはや、琵琶湖周辺での漁港や、野池、リザーバーではド定番となっているセットだが、冬の霞ヶ浦でも通用するセットになっております。

という事で、この釣果情報をもって2012年の最後の更新とさせて頂きます。

今年も気が付けばあっと言う間の一年ではありましたが、応援してくださる皆様のお蔭で、無事終える事ができました。本当にありがとうございました。

getnet.JPG

来年は、GETNETにとって早くも5周年、一つの区切りと年と考えており、さらなる飛躍の年にしたいと思っております。2月の大阪フィッシングショーでは、既に公開させて頂いているジャスターシャッド、さらに、まだ完全に非公開としているジャックも公開するべく開発を進めておりますので、是非、ブースに立ち寄って貰えればと思います。

最後になりましたが、GETNETは今後も釣り人目線の超現場主義で取り組んでいきますので、今までと変わらぬご支援の程よろしくお願いいたします。それでは、皆さん、良いお年をお迎えください。








posted by GETNET BLOG&NEWS at 20:34| Fish ON! REPORT

2012年12月27日

直リグ絶好調、野池で56cm

冬になると圧倒的な釣果で、周りから友達が少なくなる鷹野さんですが、本日12月27日も野池に行ってきたようですが、またまたデカバスをGETしたようです。今回は、前回のガイドの時に、一緒に使っていたジャスターシャッドも試したようなので、そのインプレも含めて興味深い内容となっているので、是非ご覧ください。

今回は、前回の船長ガイド時に使っていたジャスターシャッドを試してみたかったので、午後から野池に行ってきました。

リグはボトム感知したかったので、直リグ5グラムでボトムをスローに巻いて探っていきました。


 

冬の野池で56cm.jpg

ひたすら巻いて、バスの居場所を探していくと、重みが乗ったのでフルフッキング!
上がってきたのは56センチで、この後も強烈に引くバイトがありましたが、まさかのフックオフでした。
冬の野池で釣れるジャスターシャッド.jpg

次にジャスターフィッシュ45のネイルリグでデッドスローに巻いていくと30センチクラスがポロポロ食って来ます。 

そして、ジャスターフィッシュ35ネイルリグにするとバイトが止まってしまいました。

野池で釣れるジャスターシャッド.jpg

状況によるでしょうが、圧倒的な水押とアピール力の違いなのかもしれません。

でも、ジャスターシャッドはかなりヤバいと思います。35サイズがあると、野池ではボコボコかもしれませんね。
 

それにジャスターシャッドを食ってきたサイズは2本ともデカかったですね。バラしたやつは56センチより遥かに重く引きがちがいました。

年内、必ず獲りたいと思っています!

さらに、同日、霞ヶ浦をボートで出ていた佐藤さんも、40UPをGETしておりますので紹介させて頂きます。

冬の霞で40UP.jpg

ヒットルアーはリグはジカリグ7gにジャスターホッグ3.3でした。その前に定番のシャッドプラグも試すが不発で、ブレイクの頂上にリグを置き、そこから揺らして落とすを繰り返していると抑え込むバイト。

冬の霞で釣れる直リグ.jpg
 
この時期にしては小さ目ですがキロアップの貴重な一匹でした。

霞で釣れるワーム.jpg
  ;
フックポイントをワームに埋めずにジャスターホッグのこだわりの部分であるフックポイントガードのヒゲで隠す程度に針先を出しておいたことが功を奏した感じです。

 
使い慣れたリグとワームが真冬になっても威力を発揮しました。これで春夏秋冬、オールシーズン対応ってことですね。

以上、同日鷹野さんと佐藤さんから釣果レポートを頂きましたが、どちらも直リグというにはびっくりでした。
ジャスターシャッド.JPG

また鷹野さんにおいては、野池ではかなりバイトを得られるジャスターフィッシュ35にすると、バイトが減るというのが実に興味ある内容だと思います。

枯れたウィードの中でじ〜としているバスに口を使わすには、時にはそれなりの存在感と波動が必要だという事です。

しかし、この低水温期に、デカイのが連発して反応するジャスターシャッド、ますます春が楽しみです。



12月15日「ルアー合衆国」で放送された内容をGETNET−TVで公開中です。まだご覧になっていない方、是非チェックの程よろしくお願いいたします。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:31| Fish ON! REPORT

2012年12月25日

琵琶湖のオカッパリ

12月23日、琵琶湖のオカッパリに行ってきた、若者2人、ヒロトシ君ちコウキ君が何とか魚に触れたらしく、写真を送ってくれましたので、紹介したいと思います。



DSCF1378.JPG


朝一番は−2℃でかなり寒く、DSで攻めるもノーバイト。陽が差し込み暖かくなったところで場所を移動し、ジャスターフィッシュ3.5のダウンショットで攻めているとバイトはあるが乗らない状況。

DSCF1377.JPG

水面でベイトフィッシュが確認できた為ダウンショットの捨て糸部を長くとり、細かいシェイクを入れていくと「コッツ」と小さなアタリが出、そのままシェイクを続けてもっていかせてからフックセットするとかかってきたそうです。


DSCF1380.JPG


いずれの魚もバイトは小さく、分かりにくいそうですが、かけると良く引き、楽しめそうなので冬のマストアイテムになっている。



DSCF1381.JPG

この調子なら、まだまだ年内は釣れそうです。との事でした。
DSCF1382.JPG


手堅く釣るなら、JF35&JH23のダウンショットが一番かもしれませんね〜!!ただ野池のスペシャリストはJF35のネイルリグ&ネコリグで圧倒的に釣っているので、その辺りを使い分けて貰えれば、まだまだ魚の顔は拝めそうです。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 15:57| Fish ON! REPORT

2012年12月24日

極寒野池で50UP&40UP

12月23日、仕事の合間に野池に出撃した鷹野さんが、またまたデカイのを釣っております。レポートが届いたので紹介させて頂きます。

本日午前、時間ができたので短時間釣行してきました。気温は2℃、水温は5.3℃でした。

この時期、野池ではボトムの枯れ藻やトロロ藻の中に入っているバスが多いので、ジャスターフィッシュ35  また、ウィードの中での水押にウェイトを置きたかったので、マメジカではなく、ネコリグで探っていきました。


 

DSC_1178.jpg

ネイルシンカーは1.3グラムとやや重めで、フックの刺す位置は通常よりやや後ろ気味です。

フリーフォールで垂直にウィードの中へ差し込んでいきます。

DSC_1168.jpg

そして、一点シェイクとステイ。反応が無ければ、リフトして再びウィードの中へ差し込むといった繰り返しです。

そう探っていると30センチクラスがポロポロ食ってくるポイントを発見!

DSC_1170.jpg


その周辺を更に丁寧に探っていくと、小さな当たり後、強烈に引くバイトがり、上がってきたのは52センチ 2400グラムでした。

DSC_1177.jpg

更に探っていくと次もかなり引くバイト!これは43センチでした。

最近、低水温域で安定しだしてきていたので、以前より食い気が良くなった感じがします。


これからまだまだチャンスだと思っています!年内ギリギリまでデカバスを追いたいと思います。

今年は、12月初旬から一気に水温が下がり、真冬となりましたが、そのお陰で、水温は低水温で安定している状況となりました。

琵琶湖も魚の居るポジションが決まりだし、野池も同様で、やり方次第では反応が有ります。今年も残りわずか、釣りに行きましょう。



12月15日、三重テレビ放送「ルアー合衆国」で放送された内容を、動画で公開させて頂きます。まだご覧になっていない方、是非チェックしてみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 10:36| Fish ON! REPORT

12月放送のルアー合衆国は



12月15日「ルアー合衆国」で放送された内容を、動画で公開させて頂きます。まだご覧になっていない方、是非チェックしてみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 01:15| GETNET MOVIES