2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年02月27日

野池、ついに始動か!!

27日、昨夜から春の雨になるような暖かい雨が降り、最初に動いたデカイのを捕ろうと、私も野池のオカッパリに出掛けましたが、見事撃沈。寄り道釣行ではなく、結構真剣に6時間程やったにも関わらず、ダメだったので、ヤラレタ感じです。

しかし、2日前、シャローのカバーで45cmをGETした土居君がまたまた今日もGETしたと連絡が有りました。

1361950991737.jpg

彼からのメッセージ。

こんにちは土居です。サイズはイマイチですが35p釣れてしまいました(*^^*)先日より濃いカバーですが水深はまた30p程度のエリアです。ワームは前回同様で、今回はテキサス。

1361950989592.jpg
アクションは5p位ゆっくりフワフワして1回目のポーズでコンッって感じでした

1361950992578.jpg

これからも信頼して使い続けさせてもらいますっ!!

さらに、東幡野池に行っていたマツジュンさんからも、連絡を頂きました。

IMG00006.jpg


お久しぶりです。マツジュンです。今年もジャスターで初バスGETできたので報告させていただきます(^^)

雨の降るなか東播の山間野池へ出撃してきました。水温は8℃ほどあり少し期待してライトリグを封印してジャスターホッグ33に直リグ5gのセット。

取水周りや護岸の切れ目、ブッシュを打っていくも反応はなく最後にアウトレット付近の岬へキャスト。

着底後2.3回ボトムパンプ〜3秒ステイ〜ズル引き〜3秒ステイでコツンと違和感があったので少しきいてみるとグッとラインが走りました。

IMG00007.jpg


これをヒントにいくつか野池をまわりましたがバイトはありませんでしたが数匹見えバスを確認できたのでこれからに繋がる収穫になりました。


昨晩からの雨で確実に春に近づいているのでこれから忙しくなりそうです!!


以上、土居君とマツジュンさんからの釣果報告でした。

明日も暖かい日が続くので、いよいよ春めく気配がムンムンしております。特に皿状の野池は2〜3日有れば、一気に水温が上昇し、魚の状態も激変、予想以上に季節が進む時があるので要注意です。

これからの時期は、少しでも時間が有れば、釣りに行ってくださいね。釣れる時はあっさりデカイのが釣れますから!!

posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:27| Fish ON! REPORT

2013年02月26日

さすが番人、50UPをGET

東岸オカッパリ.jpg

今日は、午前中に運転免許の更新が有ったので、それが終わってから東岸オカッパリに寄り道。ヘビータックルは積んで無かったので、オープンエリアで直ラバをキャスト。かなり暖かいので、ベイトも浮き気味となり、水面をピチャピチャ。これもタイミングですが、かなり春めいておりました。

しかし、残念ながらタイムリミットで昼前には終了。やはり甘くはありません。

130226_135706.jpg

しかし、その後、長谷川パパから連絡が。何と53cmをGETしているではありませんか〜!!

130226_140109.jpg

さらに、ヒットルアーはジャスターホッグ43の直リグ10g。さらに、カバーではなく、オープンエリアとの事。自分も頑張って攻めていたスポットだっただけに、かなり無念。 さすが東岸の番人です。

SANY0380.JPG

ジャスターホッグ43の直リグを遠投して、ボトムをズルズル。そしてウィードに引っ掛かったので、そのままステイさせていると、グ〜ンとラインが走ったとの事です。

SANY0372.JPG

ステイで食わせるとなると、ジャスターホッグの水平姿勢はかなり効き、さらに少しのアクションで、ご覧のとうり、パドルが水を押すので、アピール効果も抜群となります。

ジャスターホッグはカバー撃ち同様、ボトムパンプやズル引きでも、かなり使えるので、色んな条件で使ってみてください。

DSCF3520.JPG

ちなみに、私の場合、ボートには常時、直リグBOXをスタンバイしておりますが、オカッパリ用にも別に作りました。このBOXは最初からスポンジシートが付いており、かなり便利です。

DSCF3519.JPG

まあ〜こんな感じでセットしたまま、収納できます。

DSCF3523.JPG

写真は、私がいつも使用しているジャスターホッグ43&直リグのセットですが、お勧めのフックサイズは3/0が丁度良いでしょう。

DSCF3527.JPG

市販モデルの直リグなら、このパッケージとなります。

DSCF3537.JPG
私が、このジャスターホッグ43をデザインしたのは、もう5年前になりますが、フックセットにはかなり気を使って細部までデザインしました。

既にジャスターホッグを愛用して下さっているユーザー様はご存じだと思いますが、昨年あたりからご愛用して下さっている方も非常に多いので、再度説明させて頂きますね。

背中には合計14本の突起物が有りますが、これはスリット内にフックを納めつつ、トロロ藻などが極力掛からないようにデザインしました。

DSCF3529.JPG

スリットも幅や長さも、大体3/0〜4/0の太軸まで、きれいに収まるようにしております。

DSCF3541.JPG

さらに、そのスリットの長さも、かなり微妙に調整してあり、例えば3/0の直リグフックをセットした時は、写真のようにフックポイントの部分にはスリットを無くし、フックポイントを皮一枚、ボディに刺せるようにしました。

さらに、フッキング等で、この皮一枚が破れても、できるだけウィード等を拾わないように、突起物を作ってみた訳です。

DSCF3540.JPG






何気に、セットしているワームフックですが、カバー回避とフッキング、またワームのアクション等において、かなり重要なアイテムとなります。

手元にジャスターホッグが有るなら、是非手に取って、細部まで色々見て貰えればと思います。


直リグでの釣りを、最初に動画で披露した作品、懐かしいので、是非ご覧ください。 
posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:08| Fish ON! REPORT

2013年02月25日

野池のシャローでドスン!!

1361778775324.jpg

25日、野池のオカッパリに行った土居君が、45cmをGET。
1361778773025.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33のショートリーダーのダウンショット。着水後、5秒程度のポーズを取り、その後ほんのわずかなシェイク、そしてまたポーズを取った時、明確にバイトが出たとの事です。

1361778780040.jpg

狙ったエリアはパラ葦エリアで、水深は30cm程度で、できるだけ岸ギリギリを狙う釣り。野池のバス達も確実に動き始めているようです。

DCIM0878.JPG

さらに、本日、利根川に出ていた野村君も、初バスをGET。しかもヒットルアーはジャスタークローラー5,7のジグヘッドワッキー。新製品のサンプルで初バスですから、今年も期待できそうです。

そんな彼のコメントは。

DCIM0881.JPG


今日はジャスタークローラーで初バスを釣ってきたので、写真を送ります。デジカメが流されてしまったので、スマホの写真です。

リグは1/16ozのジグヘッドワッキーでした。3本あるリブの2番目のやや上にフックを刺してます。水深70センチにある沈みブッシュを流れと風を利用したナチュラルドリフトで1撃でした!

ラインを自然に委ねればパーツを含めたワーム全体が勝手に仕事をしてくれるかなりやばい子です。今年は黄金コンビとの使い分けで釣りこみます!


今回のジャスタークローラー5,7、ネコリグはもちろんの事ですが、ジグヘッドワッキーもかなり期待できるので、春はかなり面白くなりそうです。



2月23日、三重テレビ放送「ルアー合衆国」で放送された内容がGETNET−TVで公開されました。水槽の動きだけでなく、コンセプトからセットの仕方まで、解説されているので是非見て貰えればと思います。

ただ今、春の船長琵琶湖ガイドを受付開始しました。日程等はリブレ予約フォームをご確認の上、ご連絡お待ちしております。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:41| Fish ON! REPORT

2013年02月24日

東岸オカッパリと「ルアー合衆国」

DSCF3503.JPG

今日は午前中に少し時間ができたので、東岸オカッパリの様子を見に行くと、丁度長谷川親子も到着して準備をしているところでした。

昨日、一週間ぶりに東岸オカッパリに行ったショータ君は、一発かなりデカいのをバラしているらしく、今日はそのリベンジで、いつものジャスターホッグ43のヘビテキをリグっております。

この時期、バイトは有っても2回。ゆえにルアーで悩むと精神的に崩壊するので、絶対的に信用している物しか使えない。デカイのをストイックに狙う場合、ルアーとの信頼関係が一番重要なところでもあります。

DSCF3505.JPG

このカバーのどこかに居るはず。一見同じように見えるカバーですが、実は色々と違いがあるようで、その小さな違いは、ハイシーズンになればかなりの観察眼が無い限り解らなくなるかも。カバーが緑に色づく前にチェックしておいた方が良いでしょうね。


DSCF3515.JPG

ちなみに、長谷川親子は撃沈したようですが、一緒に来ていた森さんがジャスターホッグ43のヘビテキで見事GETされたようです。しかしサイズが今一だったとの事ですが、そのサイズより、明らかに季節が進んでいるように見受けられます。

DSCF3502.JPG

今日は、再び襲来した大寒波の影響で、時折吹雪いていました。さすがにこの天気のお蔭で、殆ど釣り人が居ません。
しかしその中でも、東岸の番人・長谷川パパは延々歩きながら、撃っていきます。

一日、一回有るかどうか!!また最大あっても一日2回のバイト。それが捕れるかどうかで天国と地獄の時期。この研ぎ澄まされた感覚があるからこそ、シーズン中の素晴らしい釣果に繋がっていくのでしょう。

東岸オカッパリのデカバスラッシュ開幕までもう少し、次の潮回りはかなり期待できそうです。



2月23日、三重テレビ放送「ルアー合衆国」で放送された内容がGETNET−TVで公開されました。水槽の動きだけでなく、コンセプトからセットの仕方まで、解説されているので是非見て貰えればと思います。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:44| GETNET MOVIES

2013年02月22日

ホッグとシャッドでGET。

DSCF3486.JPG


2月22日、今日は朝からガイドのプラを兼ねて、友人と湖上に出てきました。天気的にも晴れ間が広がるなど、かなり春めいた感じで、釣りの動作をするには快適でした。

DSCF3472.JPG

そんな中、とりあえず南湖をグル〜と周っていきます。ディープから上がってきたバスが止まるスポットを数か所チェックしていくと、ブリブリの50UPをGET。

DSCF3476.JPG


ヒットルアーは前回と同じく、ジャスターシャッド42&ハンツ14gのセット。軽くボトムパンプさせていると、ジ〜ワっと重たくなる感じで、明確なバイトはでませんでした。

DSCF3485.JPG

水温は5℃。少し暖かいとはいえ、まだまだ極寒レベルの水温です。

DSCF3479.JPG

そして、ライトリグをしていた友人も、ジグにチェンジ。すると、サイズが少し下がるもGET。

DSCF3484.JPG

こちらは、ジャスターホッグ43&ラバージグ14g。少しステイを入れたり、見せて食わせる時は、ジャスターホッグの方が良いかもしれません。繰り出す波動が異なるタイプなので、使い分けていく必要が有りそうです。

DSCF3491.JPG

という事で、非常に釣りやすい一日が終了です。最近、湖上に出れば、50UPの確率が非常に高いので、今年の春はかなり楽しみです。



ジャスターシャッドの水中イメージはこの動画でチェックです。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:38| Fish ON! REPORT