2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年02月12日

直リグとラバージグ

DSCF3286.JPG

写真は、フィッシングショーで展示させて頂いたパネルですが、今年はご覧のように直リグもより使いやすいようにバリエーションが増えます。

特にそんな中でも、特に楽しみなのは直ラバ。ピンスポットで誘える直リグにラバーが装着される訳ですから、より生命感が増す感じですね。

DSCF3325.JPG

写真にある、オレンジのラインをボトムと考えて貰えば、直ラバとラバージグでは、ラバーがフレアーする位置が全然異なるのがお解り頂けると思います。直ラバは、ラインの方向にもよりますが、若干ボトムから浮くので、下方向にもラバーがフレアーして、より生命感を増す感じです。

今まで、ラバージグで攻めていたスポットでは、これから直ラバとの使い分けができそうです。

IMG_3021.JPG

そして、今春発売となるジャスターシャッド42ですが、この直ラバとの相性も良く、昨年のテストでもボトムパンプで好反応でした。

通常、シャッドテール型のソフトベイトでは、横方向のアクションでバイトを得るのがメインとなり、ボディロールが重要視されます。しかし

プレッシャーが掛かったエリア、また野池等の閉鎖水域では、規則正しい強いロールアクションは見切られる傾向が有りました。

昨年、野池などの閉鎖水域でテストを幾度となく行い、魚の様子を観察していると、最初の1〜2投で見切る魚が多く、そこでロールを抑えたサンプルを投入すると、遥かに多くの魚が付いてきて、スレにくい傾向が有りました。

まあ〜これも色んな条件が有るので、一概には言えません。そんなテスト結果から、従来からあるシャッド型と使い分けができるように、

ジャスターシャッドはあえてロールを少し抑えたデザインとしました。

DSCF3327.JPG

このテールの付け根部分の細さと長さで、テールはかなりフレキシブルに動きます。なので、あえて横の動き以外で、ボトムパンプ、シェイクでも、かなり誘えます。

さらに、ジャスターシャッドのフラットボディを採用しているので、ベイトの平打ちアクションも可能。スイミング時、またボトムパンプ等で、少しワンアクション入れてやれば、フラットボディが寝返り、リアクションバイトを誘発する事もできます。

プレッシャーの掛かった状態、また閉鎖水域ではこの手のリアクションが非常によく効くので、この春、是非ジャスターシャッドで試してみてください。

今回のジャスターシャッド42は、高比重のマテリアルとなり、さらに匂い付となります。




この映像は、直ラバ&ジャスターシャッド42の水中映像です。

ただ今、GETNETーTVでは、大阪フィッシングショーで実演した水槽でのアクションを動画で公開中ですので、是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 09:56| PRODUCTS INFO

2013年02月10日

亀山ダムでカバーネコが大活躍




DSCF0560.JPG


写真は、昨年の6月、初めて自らの冠となるGETNET−CUPを千葉県・亀山ダムで開催させて頂きましたが、その時の表彰式の様子です。

DSCF0559.JPG


そして、その時、頂点に立ったのが写真の木村さんですが、さらに運命だったのが、亀山ダムで、ジャスターホッグ43を使い続けてくれたアングラーの一人でした。

関西ならまだしも、関東でのリザーバーでジャスターホッグ、その知名度は、無くに等しいレベルです。そんな中で、使い込んでくれていたので、その時から、彼とのおつき合いがスタートしました。

さらに、ジャスタークローラを開発する上で、彼にもテストして頂いておりましたが、ディープを釣る上で、またフォールに関して等、色々テストして頂き、開発にフィードバックさせて行きました。

そんな彼から近況が届いたので紹介させて頂きます。

NEC_0014.JPG


2月5,6日のレポートです。
土曜日の雨で多少濁りと水温が1〜2℃上がった亀山ですが

5日はJH43テキサスでかろうじて1本、ボート店全体でもこれ1本の釣果でした。

翌日6日、大雪の予報でしたが雨に変わって大荒れの天候でしたが魚動きました!

NEC_0024.JPG


ジャスタークローラーにて
40upが2本スイムベイトで40後半

水温の変わり目やインレットの下流側の薄ゴミの絡むカバーでのバイトでした。

NEC_0030.JPG
ジャスタークローラーですが春のシャローカバーでの"カバーネコ"期待大ですね!では、またレポート致します。

シーズンを通して、フィールドに通い続けるアングラーは居るようであまり居ません。そんな中で、ひたすら亀山ダムに通い続ける木村さん、既に春を感じているようで、今週ももちろん湖面に浮くようです。

今年はおそらくこのカバーネコは必須アイテムになるので、ジャスタークローラ5,7の出番はますます増えてきそうですね。



常に水中でのイメージができるように、ジャスタークローラ5,7・ネコリグの水中映像、是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:55| Fish ON! REPORT

2013年02月09日

やはり出た〜57cm

2月9日、今日は午後から後厄が無事終わったので、そのお礼参りにお寺に行っていると、長谷川ショータ君から釣れ釣れメールが来た。
そして見てみると、デカイ。丁度昨日、この2週間以内に連発が起こると書いたが、この一本はもしかしたら意味があるかもしれませんね〜!!

またショータ君からレポートも届いたので、紹介させて頂きます。

お疲れ様です!


今日、朝から東岸オカッパリに出撃してきました。

冷え込んでどのように状況変わってるか心配でしたが、とりあえずいつも通りカバーを、攻めようと思いヘビテキにホッグ4.3をセットといつものリグで攻め始めたら、初っぱなから重いバイトがあったんですがこれは残念ながらバレてしまいました…。



DSC_0043.jpg

この後貴重なバイトを物にできなかったショックで集中力が切れてしまいましたが夕方のタイミングで集中すると二度目のバイトがあり気持ちよくフッキングが決まり無事ランディングに成功!、その魚は

コンディションの良い57cmのデカバスでした

DSC_0048.jpg


1
回目も2回目もファーストフォールで食わせました。

リアクションで狙うのではなく着水した後サミングしながらゆっくりとフォールさせ、それでバイトがなければ回収し、また次キャストするという感じで数を撃つという感じです。

DSC_0047.jpg


ジャスターホッグ43でしか出せないアクションがあるので食わせの釣りに近いです!
シンカーは3/4を使ってます。

以上、ショータ君からのレポートでしたが、55UPが釣れると、必ず何か意味があるので、この数日間は要注意です。ちなみに今月はロクマルの可能性が一気に高くなるので、楽しみなところです。

ジャスターシャッド42.JPG

そうなると、今年はジャスターホッグ43との使い分けで、このジャスターシャッド42のヘビテキも使えるでしょう。このジャスターシャッド42の特徴としては、細くて長いテール部分が有り、ロールアクションをあえて程良く抑え、横に動きのみならず、フォールやボトムパンプでかなりフレキシブルに動くテールを持っている。

IMG_3021.JPG

なので、昨年のテストでは、この直ラバや直リグとの相性も抜群で、ボトムでの釣りでも好反応でした。ですので、この東岸オカッパリのカバーの釣りでも、きっと戦力になる事でしょう。




シャッドテール型のワームを使用したボトムでの動き、是非ご覧ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:26| Fish ON! REPORT

2013年02月08日

東岸オカッパリで46cm

130201_134527.jpg

ここ最近は、東岸オカッパリも難しく1月中旬にあったデカバス連発の波も止まっている。しかし、そんな中でも、釣っている凄腕アングラーははおられるもので、先週末のフィッシングショーの開催中に森さんが46cmをGETされている。

130201_134436.jpg

やはりカバーの中らしい。

130201_141137.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ。カラーはスカッパノンでした。2月はこの森さんの46cmでスタートしましたが、この先の予想では2週間以内に、次のデカバスの連発が来る事になるだろう。さあ〜誰が最初に引くのか楽しみなところです。是非、皆さんも狙ってみてください。



ジャスタークローラ5,7のネコリグの水中映像



ジャスタークローラ5,7のジグヘッドワッキーの水中映像


同じワームにおける、ネコリグとジグヘッドワッキーのアクションの差を是非、ご覧ください。

また、他の映像もGETNET−TVで公開しているので、是非チェックしてみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:59| Fish ON! REPORT

ネコとは全然違うジグヘッドワッキー

JC57 ジグヘッドワッキー@.JPG


ジャスタークローラをデザインする上で、ネコリグ同様に強く意識したのは、ジグヘッドワッキー。ジグヘッドを使用する分、動きはよりダイレクトでトリッキーなアクションとなり、さらに、ヘッドの上下による、強いロールアクションは、ネコリグには中々出せないアクション。

さらにテールが分厚い分、水押しは強くなり、頭部に装着した4本の手足からも微波動を発生させ、より生命感をかもしだしている。

同じジャスタークローラー5,7でも、ネコリグとは全く動きが異なるので、その差を是非、この映像でイメージして貰えればと思います。







posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:49| GETNET MOVIES