2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年03月21日

春の定番、ジグヘッドには

130320_1535~01.jpg

3月20日、同じマリーナの会員さんでもある、成田さんが、琵琶湖に出撃。ブリブリの50近い魚をGET。

130320_1536~020001.jpg

ディープから上がってきたメス。

130320_1056~01.jpg

この魚は軽く50UP。

130320_1059~010001.jpg

いずれも、ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド1,8gでした。

船長琵琶湖ガイドにおいても、ジャスターフィッシュ4,5のジグヘッドは春の超一軍セットで、ボートデッキから降ろす事はまずありません。

DSCF3884.JPG

写真は、(上) ジャスターフィッシュ4,5、(下) ジャスターフィッシュ3,5。琵琶湖で使用するなら4,5が多くなり、野池やリザーバーなら3,5の使用が多くなります。


DSCF3881.JPG
ジャスターフィッシュの大きな特徴としては、まずはフラットボディーの採用があります。写真を見て貰えれば、一目瞭然ですが、このフラット面で、イレギュラーなヒラ打ちアクション、さらにボディの割に水をおす事が可能となりました。

また、このボディーデザインの為、左右に倒れ込み不安定と思われますが、背中に丸みを持たせるなど、色んな工夫でトータルバランスは非常に安定しており、ノーシンカーで引いても、余程の速さで巻かない限り回転しないようになっております。

DSCF3877.JPG

さらに、他のワームでは殆ど見かけない、背中にエアーホールを2個搭載。そしてマテリアルは低比重を採用しております。

JF55.jpg

それらの内容より、ご覧のとおり、ボトムでも斜め立ちを実現。ステイ中にも、自発的にテールが揺らめき、微波動を発生。この放置での自発的アクションがデカバスに強烈にアピールします。

なので、まだまだ高活性と言いにくい春の季節。ウィードに引っ掛けて、そのままステイ。そして次に操作しようと思うと、重たかった。春にはよく有り、それこそがデカバスにバイトさせる技でも有ります。

春のジグヘッドと言えば、浮いた魚を狙う、ミドストも十分効果的。そして同じくらい、ボトムでの釣りもデカいのが釣れます。ただし、この時の注意点とすれば、ティップにルアーの重みをのせて、シェイクを強くしすぎない事です。

特にジャスターフィッシュの場合、ボトムで斜め立ちになっているので、ほんの軽く揺らすだけで十分です。これからまさに、この軽いシェイク&放置が効くので、是非、試してみてください。

琵琶湖ギルー2.JPG

ちなみに、この写真のカラーは琵琶湖ギル。

DSCF3892.JPG

この琵琶湖ギルはセブンパームスオリジナルカラーとなります。昨年、ジャスターホッグ43でリリースさせて頂き、非常にご好評頂き、昨年末に再度リリースする事に。そしてそれに伴い、ジャスターフィッシュ45でも琵琶湖ギルカラーをリリースさせて頂きましたので、この春、是非試して貰えればと思います。



ジャスターフィッシュの水中映像はこの動画で一目瞭然です。



昨年、春の琵琶湖をジャスターフィッシュで攻略した映像が有るので、是非参考にして貰えればと思います。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 20:17| PRODUCTS INFO

2013年03月20日

琵琶湖オカッパリ好調

3月20日 祝日となったこの日、下り坂なお天気にも関わらず、琵琶湖周辺は朝から釣り人で賑わっておりました。そんな中で、東岸オカッパリの調子はどうかと言うと、かなり好調で、何かしら反応が有った釣り人が多く、またこの天気も影響してか、魚が浮気味のようで、巻いて釣っている方も多かったですね。

NEC_0180.JPG

そんな中で、どんなに人が多かろうが、釣ってくるのが、森さんで55cmをGET。さすが東岸の仕事人だけあって、きっちり仕事をします。

NEC_0176.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ21g。カラーはスカッパノン。とりあえずこのカラーは必要ですね。

DSCF3874.JPG

同じカバーを撃つにしてもその日の条件で、色々変わってきます。今日は、やはり少し浮き気味だったようで、ファーストフォールを重要視。なのでできるだけ手数を増やしていく事が結果につながってきます。

DSCF3870.JPG

そんな状況の中、カバー撃ちに見切りをつけ、オープンウォータでの巻物に切り変えて48cmをGETしたのは長谷川パパ。

DSCF3869.JPG

普段はカバー撃ちのイメージが強いパパですが、その辺りのアジャストは流石です。

DSCF3871.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ55&ブレードジグ3/8oZ。ジャスターフィッシュはチャターとの相性も抜群で、まさにこれからの時期、かなり期待できるセットとなります。

DSCF9786 (530x800).jpg

そして最後は、高橋会長も45cmをGET。

DSCF9802 (470x800).jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ23のダウンショット。すでにこのブログをご覧になっている方は御存知だと思いますが、このセットは可愛いサイズを釣る為ではなく、あくまでもロクマルを狙う為のセッティングになっております。

DSCF9787 (777x800).jpg


湖産エビやゴリを食っているロクマルも多く、それにはまさにジャストサイズとなります。

このセットにおいて、高橋会長からのコメントは。

ライン:PE1.5号  


シンカー:2号ナス型 



フック:管付チヌひねり7号



この時期には、とてつもなくデカイのが食う時があります。

普段は、フロロ6ポンドですが、PE1.5号をセットしたものを必ず持参します。



昨年も、これを用意していたおかげで、ロクマルをカバーから引きずり出せました。



との事です。

これから、大潮に向けて、デカイのが動くので、大きなチャンスがきます。皆さんも、タックルセッティングを万全にして挑んでくださいね。





posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:23| Fish ON! REPORT

2013年03月19日

野池炸裂で50UP

3月19日、朝から野池に出撃した萩ちゃんが釣れ釣れレポートを送ってくれたので紹介したいと思います。

49cm.JPG


お疲れ様です。萩ちゃんです。
今日は朝からかなりいい天気やったんで野池へ土居くんと出撃しました。

まずは気温も水温も高かったので シェイド中心にジグを打っていきます。


するとレイダウンの下に50ぐらいが浮いていたので、枝に絡めゆっくりアプローチ、水面についてからはバスに気付いてもらうために強めにシェイクし、気付いたら即ホールして後はラインスラッグシェイクするとバイト。

49cmのヒットルアー.JPG


 

サイズは49センチで、リグはインキュベーター11グラム+ジャスターホッグ43モエビグリーンでした。

DSC_0040.JPG

土居くんも魚が見えたみたいで、ジャスターフィッシュ45クローフィッシュのノーシンカーで放置で食わしました。



DSC_0042.JPG

針のさしかたにポイントがありまして…このかけかたにすると、シェイクで浮いたり沈んだりするようです。



サイズは45センチでした。

50UP.JPG


そして最後に、本日最大となる50UPをゲット。この魚は2本で対岸の岸際のレイダウンの近くを泳いでいたんで対岸までキャストをして、シェイクで水面に入れます。


すると最初は小さいほうが反応して、その後ろからデカイのがついてきました。


 先にスイッチが入ったのも小さいほうでしたが、それをかわすようにデカイほうの口元にリグをもっていくとバイト。

豆直で50UP.JPG


サイズは50ジャストでリグは豆ジカ1.8グラムにジャスターホッグ23スカッパノンです。


23の豆ジカはほんまにエサです。ザリガニをイメージして動かすのがポイントやと思います

そして、船長は湖上パトロールという事で昼前から数時間程度、湖上に出てきました。

DSCF3859.JPG


バックシートの高橋会長は49cmをGET。

DSCF3866.JPG





ヒットルアーはジャスタークローラー5,7のネコリグ。ネイルシンカーのウエイトは3g前後を使用。

通常より少し重いですが、この辺りの使い方は船長ブログで少し触れたので、是非チェックしてみてください。

5 (600x800).jpg


そして、私は50UPをGET。

6 (800x600).jpg






ジャスターシャッド4,2&ハンツ3/8OZ。今年はこのセットが絶好調。50UP率はかなりのものです。

DSCF3865.JPG


今日は3/8OZを使用しましたが、同じ水深でも前回は1/2OZの方がバイトが多くありました。反応するスピードがあるので、細目に調整する事をお勧めします。

ジャスターシャッド4,2は来月の発売となりますので、よろしくお願いします。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:29| Fish ON! REPORT

2013年03月18日

名古屋バスフェスと東岸オカッパリ

名古屋バスフェスタ.jpg

おかげさまで名古屋バスフェスタも無事終了する事ができました。オーナーばりブースも、昨年よるはるかに多くの方々に来て頂き、かなり有意義な時間を過ごす事ができました。これも、カルティバ&GETNETの商品を使ってくださる方々、また応援して下さっている多くの方々のお蔭でもあります。この場を借りまして御礼申し上げます。ありがとうございました。

GETNETにとって今年は5周年の年となりますが、今までもこれからも、設立当初から変わらぬ姿勢、あくまでも現場主義で全てを進めていくつもりです。各シーズン別に魚の反応を見ながらの実践テストをするので、牛歩のような開発スピードとなりますが、この先も長く使える作品をリリースしていきますので、今後とも応援の程よろしくお願いします。

スパークワイン.JPG

そして、今年は5周年とあってかなり気合入れており、初めての試みで2タイプのモデルを発売できるように開発を進めている訳ですが、今の生産状態では、まずは4月中旬頃にジャスターシャッド4,2を発売する事になります。

あえてロールアクションを抑え気味にして、スレたデカバスにアピールできるように。さらに横方向以外に、あえてフォールとボトムパンプで最高のアピールをできるような、ボディーデザインと、それにマッチする高比重ソフトマテリアルをかなり時間を掛けて作りました。

JS42全カラー.JPG

既にこのブログでも船長琵琶湖ガイドでの結果は紹介済みですが、先週はラバージグにセットしてかなり良い反応を得る事ができました。

4月になれば、ジグヘッドやノーシンカーでも、面白くなりそうですね。カラーは合計8色でのリリースとなります。4月中旬まで、もう少しお待ちください。



ジャスターシャッドの水中映像をGETNET−TVにて公開中です。是非参考にしてみてください。



43cm.jpg

そして、私が名古屋バスフェスタで仕事している頃、東岸オカッパリ御三家がやはり釣っておりました。3月17日、まずは、先行してショータ君が43cmをGET。ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ。

47cm.JPG

お次は、仕事人、森さんが47cmをGET。

NEC_0174.JPG

ヒットルアーはやはりジャスターホッグ43のヘビテキ21g。カラーはスカッパノンでした。

130317_093318.jpg

最後は、やはり東岸の番人・長谷川パパが締めました。49cmをGET。

130317_093754.jpg

ヒットルアーはもう言うまでもありませんが、ジャスターホッグ43のヘビテキ21g。カラーはグリパンです。

次の大潮はかなりヤバいでしょうね。どんなデカバスが捕獲されるのか、楽しみです。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 18:16| GETNET NEWS

2013年03月17日

名古屋バスフェスタ初日

DSC_0734.jpg


本日は、GETNETブースに立ち寄って頂いた多くの皆様方、本当にありがとうございました。土曜日に予定しておりました、DVD、グッズも予想以上に反響頂き、終了する事ができました。

また明日に向けて、さらにパワーUPしてご用意させて頂きましたので、オーナーばりブースでお待ちしております。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 00:30| GETNET NEWS