2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年03月09日

オカッパリで57cm3キロオーバーGET

DSCF3677.JPG

3月9日(土)、前日から異常なぐらい暖かくなり、本日も朝からポカポカの快晴。そうなると、デカバスが動き始めるのは間違いありません。そしてそれを仕留めようと、東岸オカッパリには朝から凄い釣り人の列。

DSCF3670.JPG


しかし、そんな中でも、きっちり仕留めるのは、東岸カバーの仕事人、森さん。ブリブリの57cm、3300gを捕獲です。

DSCF3671.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ43(スカッパノン)のヘビテキ。カバーの中に、ジャスターホッグ43を撃ち込み、そのままフォール。スト〜ンとボトムまでフォールするスポットが良いとの事。

そして軽くリフトさせ、再びフォール、そしてステイ。そのステイでバイトしてきたとの事です。

DSCF3686.JPG

カバーの中からデカバスをブチ抜くので、常にタックルチェックする森さん。ラインはPE60ポンド前後を使用。

DSCF3688.JPG

ちなみに、森さんのリグはこんな感じですが、全て経験と実績から改良されて出来上がっております。

DSCF3691.JPG

そして、これは番人・長谷川パパのもの。もう解りましたよね〜!!カバーの猛者達は共通して、オフセットにリングを装着しております。お二人ともに話を聞くと、これにしてから、バイトが圧倒的に増えたとの事です。

長谷川パパ曰く 「リングを付けたらワームのアクションが全然違うよ〜」「このセットにしてからバイトの数が違う、ほんの少しでかなり変わるよ〜」

自分も、ジカリグを開発している段階から、溶接リング付のリングドフックをテキサスリグや、ネイルリグに使用しており、今ではそれが当たり前になってしまった。

特に着底直後のワームのアクションが変われば、カバーの釣りではその差は大きくなるでしょうね。

IMG_3057.JPG

この数日のお天気で、完全に春めいた琵琶湖。

DSCF3694.JPG

良い遊び相手も出てきましたよ〜。雷様。

これからの東岸オカッパリ、ますます面白くなりそうです。





posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:19| Fish ON! REPORT

春は進んでおります

3月6日、マーシ山本がオカッパリに行き春らしい魚をGET。レポートを送ってくれたので紹介させて頂きます。

お疲れ様です!山本です!昨日、釣りに行ってきたのでレポート送ります。

IMAG0535.jpg



いつもの野池巡りを一時休憩して、リザーバー(山上湖)で釣りをしてきました。

水温は8.5℃とまだまだ10℃は超えてませんでしたが、シャローにはバスの姿を確認できました。

IMAG0534.jpg



やはり、いち早く水温が上がる立木、フローティングカバー回りに魚が多かったです。

そして、今回釣った魚は浮きゴミにハンツ+ジャスターホッグ23を落としてボトムでシェイクで食わせました。水深は約1m程のドシャローでした。

IMAG0546.jpg



ハンツならジャスターホッグ33でも大丈夫ですが、軽いラバージグでゴミの中に落ちるようにゴミに張り付きにくい小ぶりなジャスターホッグ23をあえて装着しました。


これから暖かい日が続きますので、みなさんもジャスターシリーズを片手に釣りをしてみて下さい(^^)

そして翌日7日、東岸の番人、長谷川パパも相変わらず釣っております。

130307_105758.jpg


まずは、ブリブリの45UPをGET。

130307_120239.jpg


ヒットルアーはいつものジャスターホッグ43のヘビテキ。フックはバルキースピアーの3/0,シンカーは21gを使用しております。



130307_133723.jpg

さらに少し小ぶりな41cmを追加。


130307_134040.jpg


カラーをスカッパノンからウォーターメロン/レッドフレークに変えてのGETです。


東岸オカッパリではこのサイズが釣れてきており、釣れているエリアも拡大しているので、いよいよ春の釣りが炸裂しそうですね。この週末はどうなるのでしょうか!!

楽しみです。














posted by GETNET BLOG&NEWS at 09:05| Fish ON! REPORT

2013年03月06日

NEWモデルでどちらも50UP

DSC_0679.jpg

本日6日、朝からかなり暖かく、確実に水温が上がるお天気。そこで午前中限定で午前9時過ぎから東岸オカッパリでカバーを撃つ事に。

既に高橋会長と長谷川パパも到着しており、カバーを狙っておりました。

DSCF3647.JPG

そして数時間後、ついに高橋会長がブリブリの53cmをGET。やはり釣れればデカイ、東岸オカッパリでした。

DSCF3656.JPG

ヒットルアーはジャスターシャッド4,2のライトテキサス、シンカーのウエイトは3,5g。私と長谷川パパがヘビテキでカバーを撃っていたのに対して、高橋会長はこのセットをカバーの際でスイミングさせたり、リフト&フォールさせる釣り方。

DSCF3661.JPG

またシンカーもフリー状態のテキサスリグだったため、シンカーが先にフォール、その後をジャスターシャッドが追いかける感じです。


DSCF3327.JPG

このジャスターシャッドの特徴の一つとして、細くて長いテールの付け根が有ります。これでボディロールをあえて抑える形となり、さらに非常に水かみが良く、少しでも水の抵抗を受けると、シャッドテールがプルプル動くデザインとなっております。

DSCF3346.JPG


なので、東岸オカッパリ等のシャローエリアでも、横以外に縦方向でも誘える事になります。特に春は、こういった適度なアピール力をもったシャッドテールのピロピロが効きますが、それは横方向だけではなく、是非、縦方向でも使用して貰えればと思います。

ちなみに高橋会長のタックルですが、春のデカバス狙いなので、スピニング使用ですが、ラインはPEを使用、ライトテキサスで直結でした。これから一気に水温が上昇するので、東岸オカッパリXDAYまで秒読みでしょうね。

さらに昨日、3月5日。亀山ダムに行っていた木村君からもレポートが届きましたが、この魚もデカいです。関東フィールドでの50UP、さらに釣り方が、今年もさらにホットになるであろうセットなので、紹介させて頂きます。

NEC_0036-1.jpg


お疲れ様です。5()の釣行レポートです。

先週から水温も3〜4℃上がり7〜8℃の亀山ダムです。

完全に高気圧に覆われた暖かい日和でしたので、1日カバー打ちに徹した結果、53cm2kgのグッドサイズに巡り会えました!


竹のレイダウン+浮きゴミの複合カバーにカバーネコセッティングのジャスタークローラーを入れて着底後のシェイクでのバイトでした。

1362499772466.jpg



ジグ、テキサスを打った後のフォローで使用したのですが散々打った後でしたのでジャスタークローラーの威力には感心しました。

発売が楽しみですね〜またレポート致します!


私も、木村君から教えてもらって、今思考錯誤しているカバーネコ。今年はジャスタークローラ5,7のカバーネコはかなり戦力になりそうです。

東岸オカッパリ、そして亀山ダム。ともに53cm、さらにどちらもNEWモデルでの結果。今年は戦力が増えるので、かなり楽しめそうです。

posted by GETNET BLOG&NEWS at 17:27| Fish ON! REPORT

2013年03月04日

春のリアクションには

DSCF3644.JPG


例年どうりにいけば、今月末頃から野池のオカッパリで即戦力になるジャスターホッグ23の直リグ、通称豆直。それに備えて、豆直BOXの用意をしております。

DSCF3642.JPG

豆というだけあって、ジャスターホッグ43の直リグと比べると、確かに小さいです。

DSCF3639.JPG

この豆直ですが、今の段階では市販モデルがまだ無いので、フックとリング、シンカーを組み合わせて、自家製直リグを作るしかありません。

DSCF3643.JPG


フックは、オカッパリフック No4を使用して、小さいスプリットリングでシンカーと繋ぐ状態です。

SANY0350.JPG

ちなみに、このジャスターホッグ23の豆直ですが、豆でありながら、その破壊力は相当なもので、特にスポン時期にはかなり効果的です。

カバーをよりタイトに攻める事もかなり有利ではありますが、それよりも、スポン時期のリアクションでは、この豆さが効果的。直リグゆえに、真っ直ぐ、早くフォールするところが重要。

SANY0365.JPG

ジャスターホッグ43の大きなパドルでの水押しでスイッチが入らない場合、今度はその逆で、ジャスターホッグ23の高速フォール、そしてボトム着底後のパドルの浮力で、デカバスのスイッチが入る時があります。

まさにこれからの季節、このテクが強烈に効く時がある訳ですが、これは特に野池に限った事ではありません。琵琶湖、リザーバでも同じ、この春、是非試してみてください。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 18:42| PRODUCTS INFO

2013年03月03日

カバー用フック

エクスプライド.jpg

今日も、昼前から東岸オカッパリに行っておりましたが、、見事撃沈。他のアングラーが55クラスを掛けているだけに、何とか捕りたいもんです。そして今回使用したルアーですが、東岸オカッパリのド定番、ジャスターホッグ43(スカッパノン)のヘビテキ。

DSCF3628.JPG

これからの季節、釣れればかなりの確率で50UPが捕れるセットですが、使用するフックにおいては、各アングラーそれぞれに考え方が有り、バラバラなのが現状です。

DSCF3629.JPG

そんな中で、今回自分が使用したのが、今年の新製品となる、ツイストロックフリッピンフック。まさにストレートタイプのツイストロック仕様で、パワーの伝達力は一番最適な形状のものとなっております。

さらに、今回凄いのは、特殊線材となるタフ・ワイヤーを採用して、従来に線材と比べて10%以上も強くなっているので、フリップなどのカバーの釣りには最適なフックとなっております。

DSCF3630.JPG


ジャスターホッグ43には、3/0または4/0でセットできます。

DSCF3632.JPG


サイズ的には3サイズがラインナップされるので、発売になれば是非試してみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 18:22| PRODUCTS INFO