2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年05月18日

琵琶湖、ボートとオカッパリで釣れまくり

0515 biwa -1.JPG

5月15日は船長琵琶湖ガイドでゲストさんと湖上へ出ておりましたが、朝からジャスターフィッシュ45のジグヘッドが炸裂。40後半クラスを混ぜながら、50UPをGET。

0515 biwa-2.JPG

さらに、反応は続き、2本目の50UPもGET。

DSCF6065.JPG

ヒットルアーはやはりジャスターフィッシュ45のジグヘッドで、カラーは圧倒的にプロブルーでした。

DSCF6068.JPG

さらに、ゲストさんもジャスターフィッシュ45のボトストをマスターして50UPをGET.結果的に40UPを軽く二桁、50UPは3本の楽しい一日となりました。この日の船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は船長ブログで公開中です。

0516-50up.jpg

そして、翌日、5月16日は動画の撮影で湖上へ。昨日と異なり、ローライトで今にも風が強くなりそうな微妙な天気。そんな中ですが、ジャスタークローラ57のネコリグが大活躍。50UPもGET。

0516-60up.jpg

さらに、60,5cmの3300gを捕獲。

SANY0003.JPG

ジャスタークローラー57のネコリグ1,8g。カラーは若ゴリ。自分がほしくてデザインしたストレートワーム。特にネコリグでの使用頻度を考慮してデザインしたので、ネコリグでリグれば、その効果はかなり期待でき、実績も上がっております。

お蔭様で、午前中で殆ど仕事を終える事ができました。
130517_49cm.jpg

琵琶湖のボート釣りは好調。そしてオカッパリの方はと言いますと、5月17日に東岸オカッパリに行っていた東岸の番人・長谷川パパが49cmをGET、他に可愛いサイズもGETしたとの事です。

130517_49-hitlure.jpg

ヒットルアーは、ジャスターホッグ43のヘビテキ21g。晴れ上がり、水温が上昇する状況では、カバーの中にデカイのが入っており、それを只管狙う長谷川パパですが、この日は寸止めフィッシュで終了となったようです。




0518 40up.jpg

そして、本日18日。地元の三重から琵琶湖東岸のオカッパリに来ていたヒロト君が、40UPをGET。

0518-40up-kuti.jpg

ヒットルアーはジャスターフィッシュ35のテキサスリグ、可愛いサイズを含めると、反応はかなり有った様子。

0518-40up-2.jpg

さらに40UPを追加。

0518-40up-2-kuti.jpg

丁度、3インチ前後のベイトが入っているエリアなので、ジャスターフィッシュ35がベストマッチでよく当たったとの事。

0518-takumi-40up.jpg

同行のタクミ君も40UPをGET。

0518-takumi-kuti.jpg

彼は、ジャスターフィッシュ35のダウンショット。やはりフィッシュ35が良いみたいです。

0518-js42.jpg

さらに、同じ東岸オカッパリですが、山原さんも40UPをGET。

IMG_3066.JPG


ヒットルアーはジャスターシャッド42のネイルリグ。ネイルシンカーのウエイトは1,8gでした。

kaba-.JPG

対岸にあるカバー狙いで、まずは奥に入れて、巻いてきて、際でフォールさせる釣り方。なので彼はPEラインと使用しており、ベイトで対応しております。ジャスターシャッドのネイルリグ、横でも縦でも釣れるので、かなり重宝するとの事です。

0518-kohoku-3.jpg

最後は琵琶湖・北湖のオカッパリに行っていた伊澤さんが、何と午前中だけで40UPを9本する炸裂状態。

0518-kohoku-2.jpg

いずれも、ジャスターホッグ33の直リグ7g。

0518-kohoku-1.jpg

ジャスターホッグ43&直リグ7gでも同じようにGET。他のルアー等も色々試されたようですが、このセットに異常に反応したとの事です。

北湖の水温は13度前後しかなく、まだまだプリスポンの魚も多い状態。そうなると、直リグへの反応が良くなり、さらにボトムで斜めに立つジャスターホッグのパドルに反応したと思われます。

同じ琵琶湖でも北湖はプリからネスト、南湖はアフターが多くなっております。同じワームでも、リグが変われば、反応が激変する事も多いので、色々試してみてください。






posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:20| Fish ON! REPORT