2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年05月25日

オカッパリとボート、ともに好調

0524-1-47cm.jpg

5月24日、東岸オカッパリに行っていたショータ君、この日は、時間が有ったらしく、今後に期待できそうな色んなエリアを探索。そんな中で、
小規模なカバーを見つけ、そこでまずは47cmをGET。

0524-1-kuti.jpg

ヒットルアーはジャスターシャッド42のネイルリグ。

0524-2-49cm.jpg

さらに、49cmを追加。ヒットルアーは変わらず。

0524-3-48cm.jpg

締めは48cmをGET。

0524-3-kuti.jpg

ヒットルアーは変わらず、ジャスターシャッド42のネイルリグ。この日は、カバーの際で魚が少し浮き気味だったようで、ジャスターシャッドのフォールにかなり好反応だったとの事です。

IMG_20130523_111546.jpg

ただし、ジャスターシャッド42は高比重なので、そのままフォールで使用してもOKですが、あえて、ネイルシンカーを入れて、フォール姿勢を変えたのが良かったようです。

43cm.JPG

そして、同日、東岸オカッパリに行っていた高橋会長はお得意のジャスターホッグ23のダウンショットで43cmをGET。

48cm.jpg

さらに、コンディション抜群の48cmもGET。ジャスターホッグ23の足元撃ち、確実に魚が入っているので、きっちり撃ち切る事ができれば、魚は釣れる状態になっているようです。

6.JPG

遠くに投げる前に、まず手前。ジャスターホッグ23のダウンショットを撃ってみてください。

3.JPG

そして、同日、船長は湖上に出ており、朝から炸裂となり、50UPをGET。

5.JPG

他にも40UPが好反応。ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のジグヘッド1,3g。カラーはパープルウィニー。釣り方としては、ボトスト&ステイ。要はミドストのボトム版で、さらに、プラスの要素として、硬いまた背の高いウィードに当れば、そのままステイをいれます。

バイトはそのステイ中で出る感じです。シェイクはあまり入れない方が今は良いみたいです。

8.JPG

それを伝授すると、大江君も順調に40UPを釣っていきます。

9.JPG

これは手応え十分な魚。

10.JPG

お見事、53cmをGET。

11.JPG

ジグヘッドでバイトが遠くなると、お次はダウンショット。するとまた反応が続きます。

12.JPG

ジャスターフィッシュ45のダウンショット。ジグヘッドとまた反応が異なるので、使い分けは必要です。

という事で、二人とも50UPが釣れ、40UPは軽く二桁越え。連日ですが、ジャスターフィッシュ45に好反応な琵琶湖となっております。

ジグヘッド1,3〜1,8g、ダウンショット1,8〜3,5gでトライしてみてください。

なお、船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は、船長ブログで公開中ですので、是非チェックしてみてください。



posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:07| Fish ON! REPORT