2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年05月26日

週末の東岸オカッパリは

5月25日、朝から暖かく、最高のお天気となった土曜日とあって、釣り場はどこもいっぱい。そんな中、東岸オカッパリは夜明け前から、釣り人だらけとなっていたようです。
0525-50UP.jpg

そんな中でも、このアングラーは釣りますね〜!!ショータ君はあっさり50UPをGET。前日も、40後半クラスを数本釣っているだけあって、魚の動きを掴めている感じですね〜!!

0525-kuti.jpg

釣り方は、カバーでのヘビテキ。

0525-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ21g。カラーはスカッパノンでした。週末の東岸オカッパリは凄いプレッシャーですが、何故、ショータ君はカバーで釣れるのか!!

この日は、明らかに、スローフォールに反応が良かったとの事で、フォールスピードを微妙に調整している小技が効いております。スプールを指でかすめる微妙なタッチ具合が職人ですね。

植村さん50cm.jpg

さらに、同行していた植村さんも50UPをGET。ヒットルアーは同じく、ジャスターホッグ43のヘビテキでした。

植村さん50cm2本目.jpg

何と植村さん、続いて2本目の50UPをGET。この日は、ジャスターホッグ43(スカッパノン)のヘビテキにデカイのが好反応のようで、カバーの中に、デカイのがウヨウヨ入ってきたようです。

そして本日5月26日(日)も朝から良いお天気で、琵琶湖周辺の釣り人はさらに多くなりました。

0526 45cm.jpg

そんな中でも、東岸の番人・長谷川パパはきっちり45cmをGET。

0526-45-kuti.jpg

ヒットルアーは、前日の50UP連発と同じく、ジャスターホッグ43のヘビテキ21g。もはや、東岸のカバーでは無くてはならない最強セットになっております。

DSCF1733.JPG

さらに、大阪からお越しの朋矢君、カバーでの釣りが未経験だったらしく、東岸オカッパリの猛者達に混じり、実践練習。そして、フルパワーフッキングを決まって、見事47cmをGET。

DSCF1731.JPG


ヒットルアーはジャスターホッグ43(スカッパノン)の直リグでした。

DSCF1739.JPG

また東岸オカッパリですが、カバーの中だけではなく、際やオープンでも反応は同じように出ております。吉田さんは、少し沖にあるウィードの際を重点的に狙ってヒット。

DSCF1736.JPG

40UPをGET。

0526.JPG

さらに45cmを追加。

DSCF1740.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ35のダウンショット。シェイクして、しっかりステイを入れるとバイトが出たようです。

カバーの中、際、どちらも魚は居ますが、反応しやすい条件はその時々で変わるので、色々試した方が良いです。さらに言えば、プレシャーの高い中では、ほんの少しの事で反応が変わります。カラーやシンカーにウエイトは最たるものですが、ステイの時間も大事です。

釣れない時間が長くなると、ステイができなくなってしまうので、その時こそ、再度意識してステイさせてくださいね。

0525-57cm.JPG

そしてボートの方はと言いますと、5月25日(土)は船長が57cmをGET。
0525-57-hitlure.JPG


ヒットルアーはジャスターフィッシュ45のダウンショット。カラーはパープルウィニーが好反応でした。

0525-45up.JPG

他にも45cm前後が連発となりました。

0525-45-hitlure.JPG

ダウンショットと交互に使い、同じくらい反応があったのがジャスターフィッシュ45のボトスト。ジグヘッドのウエイトは1,3gでした。

0525-guest.JPG

ゲストさんも40UPを連発。結果的に、57cmMAXで40UPは14本。ジャスターフィッシュ45、パープルウィニーに好反応な一日となりました。

船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は船長ブログで公開中ですので、是非チェックしてみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:11| Fish ON! REPORT