2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年07月21日

琵琶湖、ボートも陸も50UPが連発

1-0720-44cm.jpg


7月20日(土)、一週間ぶりに東岸オカッパリに出撃したショータ君ですが、やはり釣ります。まずは44cmをGET。魚は少し浮いていたようで、フォールで反応しております。

2-0720-52cm.jpg

一匹目のヒントより、ボトムでのアクションをできるだけ抑え、フォール重視でさらにテンポよく探っていくと、お次は52cmをGET。

3-0720-フォール.jpg

がっつりナイスフッキング。

4-0720-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g、カラーはスカッパノンでした。

5-0720-43cm.jpg

陽が高くなると、やはり濃いカバーに魚が入りだし、カバー撃ちで長谷川パパが43cmをGET。

6-0720-53cm.jpg

さらに、色んなカバーをランガンして、53cmを追加。決して多くはないバイトを確実に捕っていく長谷川パパでした。

7-0720-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ21g。カラーはスカッパノン、全体的に濁りが入っている中では、このスカッパノンが安定しているようです。

2−51cm.JPG

そして、同日、湖上に出ていた船長琵琶湖ガイドでは50UPが炸裂状態。まずは一本目の51cm。ジャスターフィッシュ45の跳ねジグでした。

3−53cm.JPG

2本目の53cm。ジャスターフィッシュ45の直リグ7g。

7−54cm.JPG

3本目は54cm。ジャスターフィッシュ45の跳ねジグ。

16-51cm.JPG

4本目は51cm。これは11インチのロングワームでのテキサスリグでした。

21−56cm.JPG

5本目は56cm。やはりジャスターフィッシュ45の跳ねジグ。

24−55cm.JPG

6本目はコンディション抜群の55cm。ヒットルアーはジャスターフィッシュ45の跳ねジグ。

51cm.JPG

ラストは7本目の50UPとなる51cm。やはりジャスターフィッシュ45の跳ねジグでした。

またその他にも、40UPも多数釣れており、この日の詳しい模様は船長ブログで公開中です。決して、簡単だった訳ではありませんが、ジャスターフィッシュにかなり好反応でした。

琵琶湖のオカッパリからボート釣り。確実にサマーパターンで魚は動いているので、エリアやタイミングは絞りやすくなってくるでしょう。サマーパターンでのデカバス、是非狙ってみてください。

facenoook.jpg

ただ今、フェイスブックにおいて、GETNETのページを開設中。このページにおいてはGETNETに関連するブログや動画等の更新情報を全て受け取れるようになっていますので、是非「いいね」を押して頂いて、ご利用ください。

https://www.facebook.com/getnetfp

senchoblogtop.jpg


また、アメブロで6年間に渡り更新を続けてきた船長ブログですが、この度、引っ越しする事になりました。さらに、見やすく、便利なものに仕上げていく予定ですので、フェイスブック同様チェックして貰えればと思います。

http://sugitosencho.com/blog/

ブックマークや、RSSの登録など、変更もよろしくお願いします。



posted by GETNET BLOG&NEWS at 01:08| Fish ON! REPORT

2013年07月19日

サイズ狙いならジャスターホッグ&直リグ

DSCF6739.JPG


7月18日、朝から昼過ぎまでの半日ですが、湖上で出てきました。最大はこの写真の57cm、3キロオーバーをGET。

DSCF6742.JPG

狙っていたエリアは、水深3〜3,5m前後のウィードエリアで、色んなウィードが混在しておりました。

DSCF6745.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ43の直リグ7g、カラーはブラック/ブルーフレーク。少し魚が浮き気味だったので、直リグのシンカーも7gが一番バイトが多かったです。

DSCF6754.JPG

45〜48cmクラスもポロポロ混ざります。

DSCF6755.JPG

またこれから夏パターンで使える、濃いエビ藻のパッチを釣っていくには、ジャスターフィッシュ45の直リグ7gにも反応が良かったです。

なんせ、スルスル入っていき、ボトムでヒラ打ちをするので、リアクションバイトで一撃です。7gで入らなければ10gで大体入ると思います。

これから季節、直リグは本当に便利です。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 07:41| Fish ON! REPORT

2013年07月17日

ジャスターフィッシュの斜め立ち

JF45 水中写真.JPG

写真は、ジャスターフィッシュ45(コアユ)のジグヘッド1,8gでのボトムでの斜め立ち姿勢。この斜め立ちでステイさせていると、ほんの少しの湖流や、波、風でテールが揺らめきます。こそこそ超ナチュラル波動で、天才君の魚達にはかなり効きます。

なので、そのステイの時は、ラインスラックを少し出し気味にしておくのがコツ。ラインを張ってしまうと、波や風の影響でルアーが動いてしまい、天才君達は見切ります。

ジャスターフィッシュ45.JPG

ジャスターフィッシュ45を上から見た感じ。やはりテールが浮いてますね〜!!このイメージをきっちり持って、確実なステイをして貰うだけで、ジャスターフィッシュの得意とする斜め立ちで、バイト誘発のチャンスを得る事ができるでしょう。



posted by GETNET BLOG&NEWS at 15:33| PRODUCTS INFO

2013年07月16日

跳ねジグヘッドには

IMG_3785.JPG

今のところ、手堅く釣れている跳ねジグヘッドですが、写真は、船長琵琶湖ガイドで好調なジャスターフィッシュ45の跳ねジグヘッドのセットです。跳ねジグヘッドと言っても、ジグヘッド自体は何も変わる事は殆どありません。それを操作するタックルがPEを使用するので、変わるぐらいです。

IMG_3787.JPG

これらのジグヘッドリグを使用する時、意外にフックサイズがマッチしていない光景を見る事が多く、そうなると、ウィードに掛りやすくなったり、また反対にフッキングが悪くなったりするので、気を使ってもらいところ。

オールシーズン使用できるジャスターフィッシュ45の場合は、大体どこのメーカーにおいても、#1/0または#1のラウンドジグヘッドを使用すればマッチすると思います。

写真は、カルティバのラウンドジグヘッド1,8gでサイズは1/0(プロトタイプ)。この1/0でウィードが掛かりやすいならば、さらに小さい#1
のサイズも有りです。

ただし、このフックサイズは各メーカーによってサイズが微妙に異なり、ヘッドのウエイトによってフックサイズも決まっている場合が多いので、それ程多くの選択は無いでしょう。

IMG_3795.JPG

そして、これも基本的な事ですが、フックはワームに対して真っ直ぐに刺す事。特にジャスターフィッシュの場合、縦扁平のボディになっており、バランスを崩しやすいデザインとなっております。

なので、背中にも解りやすいように、フックの線径に合わせたスリットを入れてあるので、それを目印に真っ直ぐに刺して貰えればと思います。

これからの時期、まだまだ釣れるジャスターフィッシュ45の跳ねジグヘッド。是非フィールドで試してみてください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 11:11| PRODUCTS INFO

2013年07月13日

オカッパリでジャスターホッグ&直リグ大活躍

システムを色々と再構築中で、更新が滞ってしまいました。しかしその間にも東岸オカッパリは釣れていたようですので、紹介させて頂きます。
1-0707 47cm.jpg

まずは7月7日、ショータ君が47cmをGET。

2-0707 47 kuti.jpg


ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g、カラーはスカッパノン。

3-0707 55cm.jpg

さらに、コンディション抜群の55cmをGET。

4-55cm-kuti.jpg

ヒットルアーは同じく、ジャスターホッグ33の直リグ7g、カラーはスカッパノン。ここで気になる釣り方ですが、ボトムでのハードシェイク。ここでまたまたショータマジックが炸裂したようで、他のアングラーがタフでステイを長くとる中、一人でハードシェイク。本当に引き出しが多いアングラーです。

5-0708 44cm.jpg

翌日、7月8日は、高橋会長が44cmをGET。よ〜く見てみてみると、いつものスピニングではありません。結構太いロッドを握っており、これは飾りではないようです。

手前では無く、対岸にあるカバー狙いらしく、ジャスターホッグ43の直リグ15gを使用したとの事。

6-0708-44cm-kuti.jpg

カラーはセブンパームスオリカラ・琵琶湖ギルでした。

7-0710-51cm.jpg

そして7月10日、朝から東岸オカッパリに出勤した長谷川パパが51cmをGET。

8-0710-49cm.jpg

さらに、極太の49cmをGET。

9-0710-hitlure.jpg

ヒットルアーはともにジャスターホッグ33の直リグ7gでした。

10-0710-48cm.jpg

次に、ショータ君が48cmをGET。

11-0710-48-kuti.jpg

ヒットルアーは長谷川パパ同様、ジャスターホッグ33の直リグ7g、ボトムでのステイで食ってきたとの事。同じルアー、同じリグですが、ステイの取り方、釣り方でかなり変わるようです。

ただ今、東岸オカッパリでは、ジャスターホッグ33の直リグ、さらに水が悪いので、スカッパノン系にバイトが多いみたいです。是非、トライしてみてください。

facenoook.jpg

先日、フェイスブックにて、GETNETのページがスタートしました。「いいね」と押す事によって、これらのブログを含む、GETNETに関する更新情報が把握できるようになりますので、是非ご利用して頂ければと思います。

https://www.facebook.com/getnetfp

senchoblogtop.jpg


また、アメブロで6年間に渡り更新を続けてきた船長ブログですが、この度、引っ越しする事になりました。さらに、見やすく、便利なものに仕上げていく予定ですので、フェイスブック同様チェックして貰えればと思います。

http://sugitosencho.com/blog/

ブックマークや、RSSの登録など、変更もよろしくお願いします。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:18| Fish ON! REPORT