2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年07月01日

日曜日の東岸オカッパリは!!

0630-1-53cm.JPG

6月30日(日)、日曜日の東岸オカッパリは、昼夜関係なく、凄い釣り人の数で、早朝にも関わらず、駐車場はフル満タンの状態となっておりました。しかしながら、前日と同じく、魚の活性は今一のようで、バイトは多くはない状況。

そんな中で、ロッドをブチ曲げたのは明日美さんで53cmをGETし、自己記録更新。

0630-2-hitlure].JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ35のダウンショット、ワッキー掛け。コアユカラー。釣り方は、足元でのダルダルシェイク。普段はだれもやらないスポットで、ラインスラックをダルダルに出しての延々シェイク。もし解ってやっていれば、かなりの凄腕ですね。

普段は野池のオカッパリで釣りをしているらしく、散々このルアーで釣っており、彼女のフェバリットルアーになっているとの事。そうやって使って貰えているのは、本当に嬉しいですね。明日美さん、自己記録おめでとうございます。

0630-3-46cm.jpg

真横でブチ抜かれた東岸オカッパリマスター達は、皆びっくりで、気合が入ったようで、ショータ君は46cmをGET。

0630-4-kuti.jpg


ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g。カラーはウォーターメロン/レッドフレーク。ヒシ藻エリアでのフォールでバイトしてきました。

0630-5-45cm.jpg

さらに、色んなレンジを探っていき、魚のレンジが変わった事に気が付き、またまた45cmをGET。

0630-6-kuti.jpg

ヒットルアーは先程と同じく、ジャスターホッグ33の直リグ7g。カラーも同じ。変わったのは釣り方で、直リグでのボトムシェイクで食わしております。その辺りが、ショータマジックと言われるところで、わずか1,5mしかない水深の中で魚のレンジを早く見つける事ができるかどうか!!  オカッパリではかなり重要な要素。

そこであれこれルアーを変えると、良い場合もあるが、魚がなぜ反応したのかその差を解らない場合も有るので、比較する場面では、同じルアーとリグで試していくのも大きな意味が有ります。

0630-7-44cm.JPG

さらに、明野くんも、ナイスコンディションの44cmをGET。やはり、ボトムでのロングシェイクが効いたみたい。

0630-8-kuti.JPG

ヒットルアージャスターホッグ23ですが、リグは通称、豆直ストロング5g。プレッシャーの掛かったカバーの中の魚を釣るのに、かなり効果的で、野池ではヤバいぐらい釣れているみたい。

0630-11-40up.JPG

そんな豆直ストロングの考案者、久米さんも、きっちり40UPをGET。

0630-12-kuti.JPG

昨年、私もこのリグを教えてもらい、野池での効果は実証済み。今は、いかに琵琶湖のオカッパリにアジャストできるか、テストして貰っておりますが、テスト結果は上々みたいですね。

という事で、日曜日の東岸オカッパリ、かなりのプレッシャーが掛かっているのか、少し小さめのルアーに好反応となっております。

お勧めはジャスターフィッシュ35とジャスターホッグ33、リグはその時の状況で色々試してみてください。



6月22日、三重テレビ放送「ルアー合衆国」でオンエアーされた内容を動画で公開させて頂きます。自分にとって、この時期の七色ダムを釣るのは初めてだったので、かなり新鮮で、楽しむ事ができました。

まだご覧になっていない方、是非観て頂ければと思います。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 09:47| Fish ON! REPORT