2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年08月25日

オカッパリでの小技その@

IMG_6879.jpg

8月24日、ローライトな琵琶湖で、如何にも爆釣しそうな天気になりました。そんな中、東岸オカッパリに出撃した山原さん、朝からカバーを撃ち続け、45UPをGET。

IMG_4526.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ14g。カラーはセブンパームスオリカラ・琵琶湖ギル。

IMG_1042.jpg

さらに、40UPを追加。

IMG_8246.jpg

ヒットルアーは同じで、カラーをスカッパノンギルに変えてのGETとなりました。決して簡単ではない東岸オカッパリですが、釣れれば、まずますのサイズで、釣れてくる魚のコンディションが良くなっているので、魚が動いている感じです。

そんな季節の変わり目は、毎度のごとく、デカイのが出るので、これからが楽しみなフィールドです。

DSC_1639.jpg

そんな東岸オカッパリで、私も昨日は、超短時間ながら良い釣りをさせて頂きましたが、その時のテクを紹介したいと思います。

DSC_1651.jpg

狙っていたのは、このような状態のエリア。この少しの隙間にジャスターホッグ4,3&直リグ10gをフォールさせて誘う訳ですが、普通に中に入れて、普通にドスンと入れるだけでは、タイミングが全てで、普通の結果に終わります。

この時は、できるだけ手前で、他のアングラーがあまりやらないスポットを集中して撃ちました。

そして、タックルはショータ君の借り物なので、直リグ10g。少しゆすって入る程度なので、これがベスト。ショータ君はさらに軽い7gも使用する程です。

DSC_1650.jpg

そして、一旦ボトムに付け、ステイ。そこでバイトが無ければ、軽くスラックシェイクして再度ステイ。そこから、一旦ウィードの天井に当てて、そこでシェイク。すると、バスが下から大口を開けて襲ってきました。

もし、ただのフォールだけでは釣れなかった魚です。この天上シェイクも常に効く訳ではありませんが、これからカエルの子が出てきたら、試す価値は十分にあるテクニックです。

そんな天上シェイクにおいて、ジャスターホッグと直リグは最強セットの一つ。パドルの浮力と、溶接リングによる可動域が広さで、ウィード天上の真下で、水平姿勢を維持できるのは、かなり効果的となります。

これから水温が徐々に下がれば、必ずデカイのが動きだします。その時、カバーでのスローフォール、天上シェイクも是非、試してみてください。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 00:22| Fish ON! REPORT

2013年08月23日

オリカラ強し!!


 
DSC_1636.jpg

写真は、ブンブン大津店でのものですが、今年の4月にオリジナルカラーを作らせて頂きました。その名は、琵琶湖フラッシングハス。

DSCF4579.JPG

プロブルーベースに、パール&シルバーラメをかなり多めに入れたモデル。

DSCF4515.JPG

水の中に入れるとこんな感じ。トウィッチすると、フラッシングは強く、まさに琵琶湖のハスです。

DSC_1638.jpg


そして、本日、ブンブン大津店にお邪魔させて頂き、このオリカラの事を聞いてみると、ジャスターフィッシュ4,5に関しては、既に掛かっている数のみで、それが終われば、完売との事でした。

おそらく50パックも無かったと思います。この秋、アユが少ない分、ハスパターンがはまる可能性も高いので、ご希望の方は、ブンブン大津店に足を運んでみてください。

DSC_1644.jpg

そして、ショップさんからの帰り道に、東岸オカッパリに立ち寄ってみると、長谷川親子が居たので、少し見学。しばらくしてショータ君が休憩しているので、少しタックルを借りて、投げてみると10投程度で、結果が出る事に。そしてこの写真になった訳です。

DSC_1639.jpg

カバーの中から40後半クラスをブチ抜きでした。

DSC_1646.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ10g。カラーはフィッシング・エイトのオリカラ・沖ザリ。

DSC_1650.jpg

スカッパノンベースに赤ラメをかなり多めに入れたカラー。まさに今が旬って感じのカラーで確かに釣れてます。と言っても、このセットとタックルは全てショータ君の物。私は借りて釣っただけです。ショータ、悪いね〜!!(笑)

ちなみにこのオリカラ、沖ザリに関しては、フィッシングエイト・京都伏見店にお問い合わせください。

6.jpg


そして、このお盆休みを利用して、旧吉野川をオカッパリで攻略し、見事50UPをGETした萩野君。GETNETのWEBサイトのコラムにて、その時の模様を詳しく紹介してくれているので、是非参考にしてみてください。

「遠征、旧吉野川をオカッパリ攻略」

getnet_web.jpg

GETNETのWEBサイトも是非ご覧ください。



posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:39| PRODUCTS INFO

2013年08月21日

週末の東岸オカッパリで50UP

0817 40up.jpg


この暑さで、琵琶湖のオカッパリも釣れるエリアがかなり限られており、難しい状況ではありますが、長谷川ショータ君は、やはり釣っております。お盆休みを兼ねた週末17日(土)、朝から東岸オカッパリに出撃。まずは40UPをGET。

0817 40up hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ10g。カラーはスカッパノン。ボトムに着底後、少し長くシェイクを入れ、その後のステイでバイト。

0817-2-40up.jpg

さらに2本目の40UPもGET。

0817-2-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ3,3の直リグ7g。この魚はスローフォールでバイトしてきたとの事です。

0818-1-47cm.jpg

そして翌日18日(日)も朝から東岸オカッパリに出撃したショータ君。午前中の早い段階で一本目となる47cmをGET。

0818-1-47-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ10g、カラーはスカッパノン。あまり人が撃たない超シャローをメインに攻めての結果。

0818-2-53cm.jpg

さらに、その日2本目となった魚は53cm。

0818-2-53-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターシャッド4,2(コアユ)&ハンツ7g。カバーでバイトが無くなったので、次はオープンエリアに切り替えて、このセットでボトムパンプさせて50UPをGET。

0818-2-hitlure.jpg

このセット、これから秋に掛けても反応が期待できそうです。

0818-3-47cm.jpg

さらに、3本目となる47cmをGET。

0818-3-hitlure.jpg

この魚はジャスターフィッシュ4,5の直リグ7g。カラーはコアユ。ボトムシェイク後のステイでバイト。

0818-4-42cm.jpg

最後は、長谷川パパは42cmをGETして締めました。

0818-4-hitlure.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ3,3nの直リグ7g。カバーの中をできるだけ、スローに釣っていった結果との事。

人が多い週末にも関わらず、釣り続ける長谷川親子。あまり人がやらない超シャローのカバー。またプレッシャーが無くなったタイミングでのオープンエリア、さらに風や水の動きで、各スポットを早いテンポでランガンする釣り。

さらに、その中で、誰もがやりたがらない軽いウエイトでのカバー攻め。工夫次第では、まだまだ可能性が有る東岸オカッパリでした。

6.jpg

そして、このお盆休みを利用して、旧吉野川をオカッパリで攻略し、見事50UPをGETした萩野君。GETNETのWEBサイトのコラムにて、その時の模様を詳しく紹介してくれているので、是非参考にしてみてください。

「遠征、旧吉野川をオカッパリ攻略」

getnet_web.jpg

GETNETのWEBサイトも是非ご覧ください。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 23:49| Fish ON! REPORT

2013年08月16日

ドリフトパターンでデカバス

久しぶりにマーシ山本から、レポートが届きました。彼のオカッパリも、かなり安定度が高く、常にデカイのを釣っております。特に今年はジャスターホッグ2,3の使い手としてはかなりのレベルで、作った私が教えてほしいぐらい。

そんな彼も、このお盆休みは釣りに行けたようなので、その模様を紹介させて頂きます。


お疲れ様です!山本です!

最近バタバタと忙しくレポートも送れてなかったので送らせてもらいます。

 
IMAG1479-1.jpg
 
 

8月13〜24日とお盆休みに連日釣りに行ってきました。初日は愛媛県金砂湖、2日目は香川県府中湖で釣りをしました。


お盆休みと言うこともあって人人人バスより釣り人の方が多いのでは!?という状況でしたが、ジャスターホッグ23ダウンショットが活躍してくれました。

 
IMAG1481.jpg



 

両日共にパターンは同じで、ジャスターホッグ23ダウンショットのドリフト。流れの中で水性昆虫や昆虫が流れてくるのを待っているバスを釣りました。


肝は流れの速さによってシンカーの重さを調整することで、ボトムに引っ掛けながら流すようにすればバスに食わせの間を与えることが出来ます(^^)


IMAG1502_20130814170328169.jpg



あまり重くしすぎると根掛かりするので注意です!僕が使う重さは1.3g2.7gまでを使い分けてます。



このパターンは秋ごろまでは楽しめると思うので、皆さんも釣りまくってくださいね!



posted by GETNET BLOG&NEWS at 19:28| Fish ON! REPORT

2013年08月14日

琵琶湖ボート、オカッパリで50UP連打&沖ザリ

DSC_1565.jpg

8月10日、朝から東岸オカッパリに出撃していた長谷川ショータ君。いつもどおりカバーを撃っており、午前中は、現場で会い、少し話をしましたが、「今日は難しいかも!!」と苦戦しておりました。

0810-51cm-hebiteki.jpg

しかし、午後から挽回して、きっちり51cmをGETしたと連絡が有りました。

0810-hebiteki 17g.jpg

ヒットルアーは、ジャスターホッグ4,3のテキサスリグ17g。スローなフォールで唯一口を使ったらしく、この17gのウエイト使用が非常にキモだったようです。

0813 52cm.jpg


そして昨日、8月13日も再び東岸オカッパリに出撃したショータ。安定度抜群で52cmをGET。

0813 kuti.jpg

しかし、口の中をよ〜く見てみると、いつものジャスターホッグではありません。

0813 hitlure].jpg

ヒットルアーはジャスターフィッシュ3,5のピュンリグ。これで、インレット周辺を回ってGETしたとの事。真夏の真昼間にも関わらず、釣ってしまうにはまさにショータマジックですが、このジャスターフィッシュ35のピュンリグのリアクションバイトもかなり威力が有ります。

0813 40up.jpg

さらに40UPも追加。

0813 40up JH33 zika.jpg

この魚はジャスターホッグ3,3の直リグ7gでGET。やはりスローフォールが良かったみたいです。故に7gを使用、ここが重要となります。

6.JPG

同日、8月13日の船長琵琶湖ガイドではジャスターホッグ4,3の直リグが好調で、50UPをGET。

7.JPG


カラーはスカッパノンで直リグのウエイトは14gを使用。やはり昼前後から反応が出始めており、ウィードの中を集中的に狙っていきました。

8.JPG

さらに、コンディション抜群の50UPを追加。

9.JPG

こちらもヒットルアーは同じでした。この猛暑のお蔭なのか、良質のウィードの中に沢山いるようで、連発するようになってきました。

そうなると、サイズが狙えるジャスターホッグ4,3に反応が良くなり、昨日は殆ど、ホッグ4,3で釣る事ができました。

昨日の船長琵琶湖ガイドの詳しい模様は船長ブログで公開中です。

エイトオリカラ.JPG

さて、琵琶湖のボート、オカッパリともに好調なそのジャスターホッグですが、フィッシングエイトオリジナルカラーが、ついに完成し、昨日から店頭に並びました。

写真は、フィッシングエイト・京都伏見店での様子。さてそのカラーですが、まさに今の季節にはマストカラーになるでしょう。

沖ザリ.JPG

スカッパノンに大きさ違いの赤ラメを多く入れたもので、名前は沖ザリ。エイトさんの担当者も頑張ってテストしてました。

エイト.JPG


定番のスカッパノンに赤ラメ、まさに今の季節に抜群なカラーとなるので、是非手に取って貰えればと思います。

ちなみに、このフィッシングエイト・オリジナルカラーとなる沖ザリですが、京都伏見店が一番入荷数が多い状態となっており、他店舗での取り扱いに関しては、各店に聞いてもらう方が良いかと思います。

ちなみに、私の手元のサンプルは残り2本しかないので、私も数日中に買いに行きたいと思います。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 07:28| GETNET NEWS