2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年08月10日

64cm、4キロオーバー捕獲

0808 64cm.JPG


8月8日、ガイドのゲストさんでも有る福田さんが、夏合宿で琵琶湖に出ておられ、何と64cm、4キロオーバーをGETされました。

直リグ&ジャスターホッグ.JPG


ヒットルアーはジャスターホッグ43(シナモンブルーフレーク)、の直リグ1oz。3mより浅いエリアにある濃いウィードの中を撃ち続け、この10ポンドオーバーをGETしたとの事。

福田さん、10ポンドオーバー捕獲、おめでとうございます。それとご結婚おめでとうございます。この夏は忘れられない最高の夏になりましたね。

14.JPG

そして、その翌日となる8月9日の船長琵琶湖ガイドでも、直リグに反応が良く、ゲストさんがブリブリに50UPをGET。

15.JPG

周りでは、ハスが追われている光景が多く見られたので、ジャスターフィッシュ45のプロブルーで狙っておりました。

19.JPG

さらに、その後も親子で50UPのダブルヒット。この時お父さんは、同じくフィッシュ45、息子さんはジャスタークローラー5,7でした。

17.JPG

ここ数日の猛暑で、多くの魚がウィードの中に入ってきたようで、カナダ藻エリアでの反応が急に良くなってきました。ただし、昔みたいなカナダ藻ドームができるエリアは、すぐにプレッシャーが掛かってしまうので、日持ちがしません。

そこでドームだけではなく、凹凸が有るエリアで、そのシェードをテンポよく釣っていくだけでも、反応が有ります。

SANY0037.JPG


その釣りでは、軽いウエイトでウィードの中に入れる事ができ、ウィードのすり抜け、キャスタビリティが良い直リグは非常に使いやすいリグになっております。


そこで、着底直後にヒラを打つジャスターフィッシュ、着底後、パドルがねじれる状態で水を押し、斜め立ちで微波動を出すジャスターホッグ。

またプルプル感の波動を出すジャスターシャッド。条件次第では、魚の反応がかなり変わるので、使い分けをお勧めします。

ともに直リグとの相性は抜群で実績も十分なので、これからのウィード攻略で是非試してみてください。

getnet_web.jpg

先月末の公開されましたGETNETのオフィシャルWEBサイト。商品に関する情報や最新釣果情報なども、随意更新されておりますので、是非ご活用ください。

facenoook.jpg

またフェイスブックでのGETNETのページでは、「いいね」を押して頂く事で、GETNETに関する全ての情報の更新具合が把握できるようになっておりますので、フェイスブックをご利用の方は、こちらのページも是非ご利用ください。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 18:25| Fish ON! REPORT