2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年08月25日

秋めく野池、東岸オカッパリ。ロケのタックル紹介

8月24日、友人と地元の野池に行った萩野君がまたまたナイスサイズをGETしたとの事で、そのレポートを紹介させて頂きます。

 

萩野です。昨日は雨の合間をみて釣りに行ってきました。


 

DSC_0508.JPG

 

 

僕は残念ながらデカイのは釣りあげれなかったんですが、同行していたゆうや君がジャスターホッグ4,3(スカッパノンギル)の直リグで45センチ、1300cを釣り上げました。

 

 
 
DSC_0507.JPG

 


今野池は減水、そしてたまに降る強い雨の影響で濁りが厳しいんですが、やはりいる所には魚はいるみたいで、ゆうや君が喰わしたのは池の中心にある水抜で着低後すぐのバイトやったみたいです。

水温も高いのでリアクションバイトを誘うのにジカリグはやっぱりいいですね。

DSC_0506.JPG

 



僕はさらに前の日の夕方に気温が下がるのをみはらかって巻きに行ってきました。最近はまっているチャター+ジャスターシャット4,2のセットです。


はじめははや巻き、ここぞという場所ではゆっくり巻くのをローテーションで探っていきます

DSC_0504.JPG



 釣れた感じは、はじめはや巻きで立木の横を通し、次にゆっくり巻き食わせました。サイズは41センチでした。

 

 

以上、野池マスターの萩野君からでしたが、野池は他のフィールドよりも先に季節が進むので、早くも巻きが効いている感じです。今年はジャスターシャッド4,2のチャターが期待できそうですね。

0825-45cm.jpg



さて、本日は雨模様となりましたが、そんな中、何かが起こるかもという事で、東岸オカッパリに行っていた長谷川パパが45cmをGET。

130825_130139.jpg



ヒットルアーはジャスターホッグ4,3のテキサスリグ21g。この雨で魚は浮かず、意外に渋かった様子。


0825-49cm.jpg


そんな中で、長谷川パパのレクチャーを受けながら只管、カバーを撃ち続けたKさん。諦めなかった甲斐あって見事49cmをGET。

ヒットルアーは長谷川家直伝のジャスターホッグ4,3のヘビテキ21g。カラーはスカッパノンでした。


 

明日から、再び残暑!!どう変わるのか楽しみですね。




そして昨日、三重テレビ放送「ルアー合衆国」で、風屋ダムでのバス釣りが放送されましたが、動画でも公開しましたので、視聴エリアに無い方は是非、観て頂ければと思います。

DSCF6976.JPG

また、そのロケの時に使用したタックルやルアーはGETNETのWEBサイトでも詳しく紹介しているので、是非参考にして貰えればと思います。



 

 

 

 

 

 

 



posted by GETNET BLOG&NEWS at 21:53| GETNET MOVIES

オカッパリでの小技その@

IMG_6879.jpg

8月24日、ローライトな琵琶湖で、如何にも爆釣しそうな天気になりました。そんな中、東岸オカッパリに出撃した山原さん、朝からカバーを撃ち続け、45UPをGET。

IMG_4526.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3の直リグ14g。カラーはセブンパームスオリカラ・琵琶湖ギル。

IMG_1042.jpg

さらに、40UPを追加。

IMG_8246.jpg

ヒットルアーは同じで、カラーをスカッパノンギルに変えてのGETとなりました。決して簡単ではない東岸オカッパリですが、釣れれば、まずますのサイズで、釣れてくる魚のコンディションが良くなっているので、魚が動いている感じです。

そんな季節の変わり目は、毎度のごとく、デカイのが出るので、これからが楽しみなフィールドです。

DSC_1639.jpg

そんな東岸オカッパリで、私も昨日は、超短時間ながら良い釣りをさせて頂きましたが、その時のテクを紹介したいと思います。

DSC_1651.jpg

狙っていたのは、このような状態のエリア。この少しの隙間にジャスターホッグ4,3&直リグ10gをフォールさせて誘う訳ですが、普通に中に入れて、普通にドスンと入れるだけでは、タイミングが全てで、普通の結果に終わります。

この時は、できるだけ手前で、他のアングラーがあまりやらないスポットを集中して撃ちました。

そして、タックルはショータ君の借り物なので、直リグ10g。少しゆすって入る程度なので、これがベスト。ショータ君はさらに軽い7gも使用する程です。

DSC_1650.jpg

そして、一旦ボトムに付け、ステイ。そこでバイトが無ければ、軽くスラックシェイクして再度ステイ。そこから、一旦ウィードの天井に当てて、そこでシェイク。すると、バスが下から大口を開けて襲ってきました。

もし、ただのフォールだけでは釣れなかった魚です。この天上シェイクも常に効く訳ではありませんが、これからカエルの子が出てきたら、試す価値は十分にあるテクニックです。

そんな天上シェイクにおいて、ジャスターホッグと直リグは最強セットの一つ。パドルの浮力と、溶接リングによる可動域が広さで、ウィード天上の真下で、水平姿勢を維持できるのは、かなり効果的となります。

これから水温が徐々に下がれば、必ずデカイのが動きだします。その時、カバーでのスローフォール、天上シェイクも是非、試してみてください。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 00:22| Fish ON! REPORT