2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年08月31日

野池も琵琶湖も秋の気配

短時間ながらも、野池のチェックを欠かさない萩ちゃん。この数日で、急に夏の終わりを感じているのは、野池も琵琶湖も同じようです。

そんな野池の状況をレポートしてくれました。

1.JPG



お疲れ様です。短時間ですが野池の様子を見てきたのでレポートします。


28日は夕方の6時まで仕事など用事がありあまり時間がなかったんですがここぞって所でジグスピナーで43cmを釣る事ができました。

 

 

 

2.JPG




もぅそろそろ秋の気配が濃厚になってきたのでジグスピナーを選択しました。

 


僕はスピナーベイトやジグスピナーは基本的に目で見えるレンジを引くのが好きで、さらにジグスピナーはつけるジグヘットで巻くスピードを調整しやすいので、本当に使いやすいです。

釣れた状況ですが全部足元でのバイトでした。沖からショアに追い込まれるベイトを意識して、軽くブレイクがあるんですけどそこにさしかかった時にちょっと巻くスピードを早くするとバイトしました。




3.JPG


さらに40cmを追加。

4.JPG


カラーは、もうフラッシング抜群のコアユで決まりです。


5.JPG



翌日29日、ジグスピナーではなく、チャター+ジャスターシャット4,2でチェックします。

今回はレイダウン、立木を中心にうっていったんですが、やはりレイダウンや立木の横を通りすぎた時にバイトが多かったです。

 

 

6.JPG


 

この釣れた45センチはレイダウンを一回普通に通して、もぅ一回同じレイダウンを次は巻くスピードをかえて通すとバイトしました。


7.JPG



この2匹目は1匹目とまるっきり同じレイダウンで釣れたんですが、何回も何回もしつこく通してやるとバイトしました。もちろん巻くスピードには変化をつけてですけど。

 

サイズは41センチでした。

 

 

8.JPG




そろそろ野池も秋になってきたので、色々と楽しみです。

 まぁ水が悪くなってるので、水押しの強い巻き、ジカリグがこれからかなりきいてくるんじゃないかなぁと思います。



以上、萩野君からの野池最新情報でした。

13.JPG


そして、琵琶湖の方はと言いますと、8月30日に船長琵琶湖ガイドでゲストさんと湖上へ。

台風前のローライトもあってか、魚の活性は高く、今まであまり釣れなかった30cm前後も数が釣れる状況。もちろん50UPも釣れました。

14.JPG


そんな中でも、一番サイズが選べかつ、数も釣れたのが、ジャスタークローラー5,7のダウンショット。

15.JPG


この日はネコリグ、ジグヘッドワッキーよりもダウンショットに好反応でした。詳しくは船長ブログで公開中です。

野池も琵琶湖も、確実に秋が近づいてきているようです。

そして、かなり遅れているジャスタークローラー5,7の発売ですが、来週中には、何とか出荷できるように準備を進めております。
発売日について、お問い合わせをして頂いた方も多数おられ、、本当にお手間をお掛けして申し訳ありませんでした。

物流の関係で多少ズレ込む可能性は有りますが、もう間もなくですので、よろしくお願いいたします。






なお、現在GETNET−TVで公開中の、ジャスタークローラー5,7琵琶湖実釣編では、実践で役に立つ水中映像、さらに、テールバイブレーションの強弱を調整するフックセッティングを紹介しております。是非、ご覧になって、実際ジャスタークローラ5,7を使用する時に、参考にして貰えればと思います。



posted by GETNET BLOG&NEWS at 20:52| Fish ON! REPORT