2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年09月18日

台風前後の野池と琵琶湖オカッパリ好調

台風前後でも野池のチェックは欠かさない萩野君からレポートが届いたので、紹介させて頂きます。


0915-42.JPG



台風前の15日と台風後の16日にちょっとだけ出撃したのでレポートさせていただきます。

 

15日は台風前という事でデカイのがボコボコかと思いきや中々釣れませんでした。コバスは気温水温が低下してきたため活性はMAXなんですが、デカイのは難しかったです。

 

はじめはネイルリグ、ネコリグなどでコバスが連打!!とりあえずコバスをかわしたかったのでチャター+ジャスターシャット42のはや巻きでサーチ!!

 

0915-hitlure.JPG

 

 結果はすぐにでました。2、3投するとすぐにバイト!

 

でものらず…あきらめずに何回か投げていると見た目なにもない所を巻いていると下から突き上げバイト!!



そこは底にデカイ倒木が沈んでるみたいでそぉいう所についてたんですね〜



サイズは42センチなんですがめっちゃ引くいい魚でした。




0916-46.JPG



そして台風後の16日、野池は土砂濁りで釣りをする野池が限定される中、水のいい野池を探しランガンしました。

 水がいい悪いは、見た目もありますが、水がましな池はとりあえずコバスがバイトしてくるのでそれで判断しました。

 

はじめは沖の障害物などをうっていたんですが、コバスばっかりでそして巻きにしてもコバス。

 

 

0916-hitlure.JPG


 

何かしら違うと思ったのでショア狙いに変更!! 狙っていたのは、水深50センチ程度!!

 

テンポよく落ちぱく狙いで、ジグ7グラム+ジャスターホッグ43沖ザリをうって回収のペースでとりあえず打ちまくりました。

 

すると、オーバーハングにレイダウンが絡むエリアでやはり落ちぱく!!着水してすぐラインが激走り、慌ててフッキング!!

 

あがってきたのはエサをかなりとってそぅな46センチでした。少し濁りが取れた野池はかなりチャンスが有りそうです。

以上、野池マスター萩野君からのレポートでした。そして昨日17日は、午後の遅い時間からテストも兼ねて、東岸オカッパリを覗いてみると、長谷川親子も来ており、一緒に釣りをする事に。

0917-49.jpg



すると、シャローエリアは昨日以上に生命感にあふれておりました。しかし、早々簡単に反応する訳でもありませんが、そんな中でもショータ君は一撃で食わし、49cmをGET。

0917-49-hitlure.jpg

そんな一撃で食わしたルアーですが、ジャスターフィッシュ3,5のコアユ。

0917-49-2.JPG

さらに、同サイズとなる49cmを追加。このルアーへの反応は凄まじいですが、野池で圧倒的な集魚能力&バイトパワーを持つこのルアーとリグを琵琶湖のオカッパリに流用して、結果を出すあたりは、さすがショータ君ですね。

0917-49-2-hit.JPG

そして、そのヒットルアーは、ジャスターフィッシュ3,5のコアユ。リグは通称ピュンリグ。フックの刺し方が非常に重要で通常の抜き方とは異なります。またそのフックの形状やワイヤーの太さも非常に重要な要素になるので、その辺りは発案者でもある、萩野君に説明してもらいますね。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 11:38| Fish ON! REPORT