2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年09月28日

ショートバイトな一日

DSC_0316.jpg


9月28日、朝から気持ちの良い秋晴れに恵まれた天気の中、ショータ君は琵琶湖・東岸オカッパリに出撃。しかし、なぜかショートバイトが多く、ミスバイトや、スッポ抜けが続き、さらに55UPをバラシ。これにはかなりまいったようです。

しかし何とか42cmをGET。

DSC_0314.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3のヘビテキ17g。カラーはウォーターメロン/レッドフレーク。本日は、先程少し触れたように、ショートバイトが多かったので、ステイの時間をいつもより長くとり、スローに操作する事で、やっとバイトが出たようです。

130928_1509~01.jpg

また、同じエリアを釣っていた池本さんは、44cmをGET。

130928_1508~01.jpg

ヒットルアーはジャスターホッグ3,3ですが、使い方に特徴が有り、池本さんのマイブーム。しかしながら、タフな時にかなりの確率で釣ってくるので、そのポテンシャルはかなり有りそう。

IMG_5055.JPG

そして、気になるその釣り方ですが、ジャスターホッグ3,3のカバーネコリグ。ネイルシンカーは1,3gを使用。このセットを、一つ一つヒシ藻のポケットに入れていく釣り方。

水面で、軽くシェイクするなどして、魚に気づかせて、その後フォール。そこで一気に食ってくるみたいです。さらにそのフォールでも、真っ直ぐ下にフォールしないのが良いみたい。気になる方は、是非試してみてください。

IMG_5056.JPG

そして夕方になるにつれて、生命感が出てきた感じで、ショータ君にヒット。

IMG_5070.JPG

しかし、ライ様でした。

IMG_5078.JPG

お次は、30後半クラスをGET。

IMG_5079.JPG


ルアーはお口の中に、ごっくん丸呑み君でした。

IMG_5081.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ5,5にネイルリグ。これをヒシ藻の際やポケットに入れていく釣り。ここでも、斜めフォールがキモになっております。

IMG_5083.JPG


まさに日替わりでパターンが変わる、秋の釣り。琵琶湖・東岸オカッパリでは、一部、ヒシ藻が枯れてきており、魚と出会える確率が高くなってきました。

色んなレンジで可能性が出てきているので、トライされる方は、色々試された方が良いでしょう。





posted by GETNET BLOG&NEWS at 20:25| Fish ON! REPORT

秋の野池オカッパリ好調

0922-1.JPG


9月22日、久米さんが、地元の野池をチェックしに行くと、短時間ながら、良いサイズが釣れたとの事。

0922-2.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ3,5のジグヘッド1,4g。

0922-3.JPG

この日は、かなりプレッシャーが高い事もあって、小さいにサイズに反応が良かったようです。

0923-1.JPG

そして翌日は、ゆうさん一家を案内しながらみんなで野池オカッパリへ。すると奥さんがプリプリのレギュラーサイズをGET。

0923-2.JPG

ヒットルアーはジャスターフィッシュ3,5のミドスト。

0923-3.JPG

それを見て、負けじとパパさんもミドストを頑張り、ジャスターフィッシュ3,5のミドストで39cmをGET。

0923-4.JPG


その後、さらにサイズUPを目指して、カバー狙いに変更。すると、朋哉君が40UPをGET。

0923-5.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ3,3の直リグ10g。カラーはエビミソ。野池でのザリガニカラーは釣れます。

0923-6.JPG

息子さんが釣ると、なぜかライバル意識むきむきで、スイッチが入るお母さん、負けじと40UPをGET。

0923-7.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ4,3のテキサスリグ。カラーはフラッシュザリでした。

0923-8.JPG

さらに再び、朋哉君がナイスサイズをGET。

0923-9.JPG

ヒットルアーは先程と同じく、ジャスターホッグ3,3の直リグ10g、カラーはエビミソでした。

0923-10.JPG

週末でプレッシャーが高いにも関わらず、サイズ、数ともに釣れた野池オカッパリ。オープンからカバーまで。またボトムから表層まで、秋は、常に魚のポジション、レンジが変化しやすいので、それにアジャストする事が最重要。

秋の野池オカッパリ、本格的シーズンはこれからなので、ますます楽しめそうです。
posted by GETNET BLOG&NEWS at 08:00| Fish ON! REPORT