2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2012年06月27日

東幡野池で直リグ

東幡野池で釣れる .JPG

6月26日、東幡野池にゴータ君が出撃していたようで、悩みながらも、最後にはきっちりアジャストしております。朝のフロッグタイムではバイトが無く、葦際を撃っていくと40UPをGET。

東幡野池で釣れるワームはジャスターホッグ 6月26日.JPG

ヒットルアーはジャスターホッグ33の直リグ7g。カラーはブラック/ブルーフレーク。濁り気味のエリアでは、まずはスカッパノンかブラック系でスタートすれば大外しは無いので、安心カラーの一つです。

東幡野池で釣れる .JPG

さらに、サイズUPで40後半サイズをGET。

東幡野池、ヒシ藻で釣れる.JPG

この魚は、ヒシ藻の隙間にジャスターフィッシュ45の直リグを入れていく釣り方でGET。こういったシャッド系をカバーに入れていくアングラーは決して多くありません。余計なパーツが付いておらず、ストレスなくカバーに入り、またホッグ系には無い横の動き、またジャスターフィッシュに関しては、フラットボディの採用により、フラッシング効果も期待できるので、是非試してほしい釣り方です。

この日の詳しい様子はゴータ君のブログで紹介されているので、是非参考にしてみてください。

東岸水路でオカッパリ6月26日.jpg

同日26日、琵琶湖東岸水路のオカッパリに出撃していた長谷川パパが40UPをGET。このサイズは似合わないと思っていると、翌日には成長しておりました。

東岸オカッパリで50UPを釣る 6月27日.jpg

やはり長谷川パパは釣ります。27日、本日も水路のカバーに出撃しており、見事50UPをGETされました。ヒットルアーはジャスターホッグ43のヘビテキ。6月初〜中旬と比べると、少し釣果が復活してきており、フロッグ&カバー撃ちでまた面白くなりそうです。

今年は、梅雨というのに蒸し暑さがあまりなく、朝晩に至っては肌寒い日が多い。水温もまだ低い状況です。タイミングによっては例年と同じ釣りをしつつ、反応が悪くなれば、6月初旬の釣りを意識してみるのも良いかと思います。

GETNETのHP.JPG

GETNETに関する情報はGETNET WEB SITEで公開中です。是非ご覧ください。

船長琵琶湖プロガイドの詳しい模様は船長日記で公開されているので、そちらも是非ご覧ください。


posted by GETNET BLOG&NEWS at 22:02| Fish ON! REPORT