2013年11月4日当GETNETブログは公式サイト内に引っ越しました!

2013年03月26日

ジャスターシャッドのボトムパンプ

本日、3月26日、東幡野池に出撃したゴータ君からレポートが届いたので、紹介させて頂きます。
P1010410.JPG



こんにちは、中原ゴータです。午前中のみですが、東播野池で釣りをしてきましたのでレポートさせていただきます。

最近好調なスポーニングエリア周辺のブレイクライン上にある沈みモノをハンツ7g+ジャスターシャッドの組み合わせで探って行くと、一撃でナイスサイズが口を使ってきました。


P1010411.JPG


春とは言え、まだまだ低活性な時期なので必然とリトリーブスピードもスローになりますが、低速でもしっかり水を掴んでアクションしてくれるジャスターシャッドはかなり使いやすいです。

今日は一本のみでしたが、スポーニングに入るまでの間は結構このスイミングメソッドが反応がいい時が多いので、今後に期待です。




DSCF3980.JPG

さて、そのジャスターシャッド4,2ですが、来月中旬の発売を目指して、今のところ順調に進んでおります。

DSCF3983.JPG

ベストフックサイズとなるのは2/0~3/0で、写真は直リグ・リングドフック3/0。

DSCF3954.JPG

今回は、横でのスイミングはもちろんですが、テキサスリグや直リグでのボトムパンプ、またラバージグでのトレーラーとして多用する事を前提としているので、フックセッティングをよりスムーズにできるようなスリットをデザインしました。

ご覧のようにレギュラーワイヤーのフックが丁度収まるようになっております。

DSCF3966.JPG

通常であれば、フックポイントはこの状態になります。

DSCF3957.JPG

しかし、今回ジャスターシャッドの背中に採用したスリット内には、丁度フックポイントがくる位置にリブを設けて、隠せるようにしました。

フックサイズ2/0~3/0で対応可能となっております。

DSCF3970.JPG

そして腹側のスリットも、ジャスターフィッシュよりも、より浅くして、ズレにくいようにデザインしてあります。

DSCF3421.JPG

今回は高比重ソフトマテリアルを採用し、総重量は6g前後になりますので、ノーシンカーでも十分な飛距離が可能となります。このマテリアルに決まるまでに、かなり時間を要した訳ですが、横でのスイミングはもちろん、スレた水域で、またボトムパンプでそのポテンシャルを最大限に発揮するジャスターシャッド。

4月中旬の発売となりますので、もうしばらくお待ちください。




posted by GETNET BLOG&NEWS at 17:29| PRODUCTS INFO